健康

解放された日本の記者は、ミャンマーの軍事フンタに対して「具体的な行動」をとるよう東京に呼びかける| 世界のニュース

東京:最近ミャンマーの刑務所から解放された日本のジャーナリストは、金曜日に彼の政府に、その開発援助の見直しを含む、そこでの軍事政権に対して「具体的な行動」をとるように促した。

ミャンマー当局は、2月1日の軍事買収後に国を巻き込んだ不安を報道していたフリーランスの記者である北住有希を逮捕し、虚偽の情報を広めたとして彼を起訴した。

ミャンマーに数年住み、ヤンゴンの主要都市でメディア会社を経営していた北住は、日本大使が率いる交渉の末、解放された。 ジャーナリストは先週日本に戻った。

北住首相は、ミャンマーの混乱に言及し、東京での記者会見で、「日本政府の支援のおかげで解放されたが、それで問題が解決したわけではない」と語った。

ミャンマーの治安部隊は、軍がノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー率いる選出された政府を転覆させた後、抗議の波が発生して以来、800人以上を殺害したと政治囚支援協会の活動家グループは述べています。

グループは、死刑を宣告された20人を含む4,000人以上が拘留されたと言います。

北住首相は、日本は歴史的なつながりからミャンマーに強い影響力を持っていると述べ、民主化運動と将軍との対立を解決するために「具体的な行動」をとるよう政府に訴えた。

「日本がミャンマーの問題を解決するために私を解放するために使用した強さを利用してほしい」と彼は言った。

日本は、2011年の軍事政権の最後の時代の終わりに続く政治改革の10年間、ミャンマーの半文民政府にとって大きな投資家であり、技術援助と開発援助の源でした。

日本の茂木敏充外相から、状況が改善しなければ東京はすべての開発援助を削減できるとのコメントがあったが、

北住氏は、一部のプロジェクトを削減することは「強いメッセージ」を送るだろうと述べ、日本の関与の見直しが必要であると述べた。

北住のメディア会社は、ニュースから映画の予告編までのビデオコンテンツを制作し、言論の自由に重点を置いてジャーナリストを訓練していました。

北角はヤンゴンで働く前は、日本最大のビジネスである日経のジャーナリストでした。

Back to top button