健康

英国はパキスタンをマネーロンダリング、テロ資金供与をめぐって「ハイリスク」国家に置く| 世界のニュース

ニューデリー:イスラマバードの挫折の中で、英国はマネーロンダリングとテロ資金供与に関する新たに改正された規制でパキスタンを高リスク国にリストしました。 パキスタンは、北朝鮮、シリア、ジンバブエ、シリア、イエメンを含む21の「リスクの高い第三国」にリストされています。

これは、3月26日に発効した「マネーロンダリング、テロ資金供与および資金移動(支払人に関する情報)規則2017の改正」にあります。

新しい規制はブレグジット後の体制であり、第4回マネーロンダリング指令の第9.2条に基づいて採択された委任行為において、欧州委員会によってリスクの高い第三国として特定された国を新しい代替国に置き換えることに言及しました-‘リスクの高い第三国」。

パキスタンはこの進展に強く反応し、「対象規制につながる英国の評価は事実に基づいていない」と述べた。 また、ロンドンに規制を見直し、政治的動機や見当違いの措置を回避するよう要請しました。

金融活動タスクフォース(FATF)の剣がパキスタンにぶら下がっていても、開発は進んでいます。 この国は2018年6月から金融監視犬のグレーリストに載っており、経済にも影響を与えています。

2月の会議で、組織はパキスタンをグレーリストに残すことを決定し、27ポイントの行動計画を実施するためにより多くの時間を与えました。 パキスタンに対し、1267年および1373年に指定されたすべてのテロリスト、特に彼らのために、または彼らのために行動するテロリストに対して、的を絞った経済制裁の効果的な実施を示すことを含め、欠陥に対処するよう求めた。

Back to top button