健康

英国はインドのCOVID-19旅行の縁石を緩和し、それを「赤」から「琥珀色のリスト」に移動します| 世界のニュース

ロンドン:英国が国を「赤」から「琥珀」のリストに移したため、インドからの完全にワクチン接種された乗客は、強制的な10日間のホテル検疫の対象ではなくなります。

英国の海外旅行用信号システムでは、琥珀色のリストの国から戻るということは、自宅で10日間の検疫を意味します。

運輸省によって発表された変更は、日曜日の現地時間の午前4時から有効になります。

「アラブ首長国連邦、カタール、インド、バーレーンは赤のリストから琥珀色のリストに移される。すべての変更は8月8日日曜日の午前4時に発効する」と英国運輸長官はツイートした。

「私たちは慎重なアプローチを続けていますが、国内の予防接種プログラムの成功のおかげで、世界中の家族、友人、企業とつながりたい人々のために、より多くの目的地を開くことは素晴らしいニュースです」と彼は言いました。

この決定は、インドと英国の間の旅行基準の緩和を要求していた英国のインド人ディアスポラの救済としてもたらされました。

琥珀色のリストにある国の法的規則では、乗客は出発の3日前にCOVID検査を受け、英国到着時に2回のCOVID検査を受けるように事前に予約し、到着時に乗客ロケーターフォームに記入する必要があります。

英国に到着したら、乗客は自宅または場所として確認した場所で10日間検疫し、2日目以前および8日目以降にCOVID-19検査を受ける必要があります。

18歳未満および英国で完全にワクチン接種された人、およびEUと米国で2回のCovidワクチン接種を受けた人は自宅検疫が免除されます。

また、「英国で完全にワクチン接種されたもの、または海外で英国のワクチンプログラムの下でワクチン接種されたものも免除されます。 英国に到着し、英国または英国で承認されたワクチン接種プログラムと英国で承認されたワクチン試験の一部がある国に居住している日の18歳未満。」 インドで製造されたオックスフォード/アストラゼネカワクチンであるCovishieldは、この免税の対象となる可能性があります。

旅行リストの更新は、検疫ホテルに滞在するレッドリストに残っている目的地からの一人旅の費用が8月12日から1,750ポンドから2,285ポンドに上がるという発表とともに行われました。

部屋を共有する追加の大人の料金は、650ポンドから1,430ポンドに増加します。

政府によると、これは「関連するコストの増加をよりよく反映する」ためです。 一方、ドイツ、オーストリア、スロベニア、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、ノルウェー、フランスの7か国がグリーンリストに移行し、フランスは「琥珀色の監視リスト」から外されました。

グリーンリストに載っている国の場合、予防接種の状況に関係なく、これらの国から戻るときに検疫する必要はありませんが、出発前のテストと到着の2日後に別のテストを受ける必要があります。

メキシコ、ジョージア、ラレユニオン、マヨットの4か国がレッドリストに追加されます。

グリーンステータスが変更されるリスクのある国を旅行者に通知する「グリーンウォッチリスト」はそのままで、リストに16か国が含まれています。

生放送

Back to top button