健康

英国のプリマスでの銃乱射事件、容疑者を含む6人の死者| 世界のニュース

英国内務大臣が「衝撃的」と述べた事件で、木曜日の夜、イングランド南西部のプリマス市での銃乱射事件で6人が死亡した。

デヴォン・コーンウォール警察は声明のなかで、容疑者を含む女性2人と男性3人が、事件現場で銃創により死亡したと述べた。 別の女性が病院でしばらくして死亡した、と警察は付け加えた。

警察は以前、銃撃を「重大な銃器事件」と説明し、状況は封じ込められたと述べた。 警察は、事件はテロとは関係がないと付け加えた。

英国は世界で最も銃殺人率が低い国の1つであり、銃乱射事件はまれです。

銃撃の舞台裏に住むシャロン・ターナーさん(57)は、タイムズ紙に、ガンマンが5歳くらいの若い母親と娘を撃つ前に、半戸建て住宅の正面玄関を「蹴った」と語った。 ターナーは、黒と灰色の服を着た男が半自動式の武器で武装していると言われたと述べた。

攻撃後、銃撃者は家の裏の公園を通って逃げ出し、2人の犬の歩行者を撃ったとタイムズ紙は報じた。

「プリマスでの事件は衝撃的であり、私の考えは影響を受けた人々にある」と内務大臣のプリティ・パテルはツイッターで述べた。

デボンとコーンウォール警察は、木曜日の午後6時10分に市内のキーハム地域に呼び出されたと述べた。

「事件の調査は続けられており、キーハム地域の道路網の混乱は一晩中続くだろう」と警察は述べた。

南西救急サービスは以前、危険地域対応チーム(HART)、複数の救急車、航空救急車、複数の医師、上級救急隊員など、かなりの数のリソースで事件に対応したと述べました。

Back to top button