健康

絶望的なナイジェリアの両親は、誘拐された子供たちを解放するために家や土地を売り払っています。 世界のニュース

(ナイジェリア、テギナ):武装した男たちが、ナイジェリア北西部でアブバカルアダムの11人の子供のうち7人を捕まえた後、彼は車と土地を売り、貯金を片付けて身代金を上げて解放しました。 彼は300万ナイラ(7,300ドル)を、彼の町テギナの他の家族からの支払いと一緒に茂みに送りました。 誘拐犯はお金を受け取り、それを配達した男性の1人を捕まえ、より多くの現金と6台のバイクに対する新たな需要を送り返しました。 「私たちは苦しんでいる」と40歳のタイヤ修理工はロイターに語った。大量誘拐の3か月後に子供たちに何が起こったのかという兆候をまだ待っている。 「正直なところ、私には何も残っていません。」

誘拐犯は、貧しい北西部での誘拐の発疹の中で、12月以来1,000人以上の学生を連れて行きました。 ロイターの報道によると、約300人の子供たちがまだ返還されていない。

ムハンマド・ブハリ大統領は、誘拐犯に何も支払わないように州に伝え、誘拐をさらに助長するだけだと述べた。 治安機関は、軍事行動やその他の方法で盗賊を標的にしていると述べています。 その間、何百人もの親が同じ難問に直面しています。身代金を自分で上げるためにできる限りのことをしてください。そうしないと、子供に二度と会わないリスクがあります。 「私たちは政府に助けを求めています」と、8歳の息子が5月にテギナのサリフタンコイスラム学校で同じ日中の襲撃に連れて行かれたアミヌサリスは130人以上の学生と一緒に言いました。

サリスは自分の貯金を片付け、自分の店のすべてを売って寄付を増やしました。 学校の所有者は理由の半分を売り払いました。 一緒に、友人、親戚、見知らぬ人の助けを借りて、テギナの人々は彼らが3000万ナイラを調達したと言いました。 しかし、それでも盗賊にとっては十分ではありませんでした。

ラゴスを拠点とするアナリストSBMIntelligenceの推定によると、誘拐犯はナイジェリアで2011年6月から2020年3月までに1800万ドル以上の身代金を集めました。
トニーブレアグローバルチェンジ研究所の過激主義政策ユニットのアナリスト、ブラマブカルティ氏は、その現金の洪水は新しい誘拐犯の洪水をもたらしたと述べた。 彼は現在、北西部で約30,000人の盗賊が活動していると推定した。 「ナイジェリアで最も繁栄し、最も儲かる産業だ」と彼はロイターに語った。 誘拐は、景気低迷、2桁のインフレ、33%の失業率の時代に、若い男性にとって魅力的なキャリアの選択肢になりました。

「12月から、私たちはパンドラの箱が開いているのを見ました。彼らはそれが可能であると見ました。彼らは攻撃者に何も起こらなかったのを見ました」とブカルティは言いました。

12月、銃撃者は夜間の襲撃中にカツィナ州北西部の政府科学中等学校から344人の少年を誘拐した。 誘拐犯は1週間後に少年たちを釈放したが、それは地域全体で同様の誘拐事件が相次いだ。

盗賊は、2014年にチボクの北東部の町から200人以上の女子生徒を押収したイスラム過激派グループのボコハラムからページを取りました。そのグループはイデオロギー的な目的を持っており、一部の女の子に戦闘機との結婚を強制しました。 専門家によると、北西部の武装した誘拐犯は金銭に動機付けられているという。

「生と死の問題」

拉致は、2019年の就任式で不安に取り組むことを約束したブハリ大統領にさらに圧力をかけました。彼らはまた、セキュリティサービスをテストしました。 軍隊は、北西部の誘拐犯、北東部のイスラム教徒の反乱軍、南東部の分離主義者、デルタの海賊行為に対抗し、ナイジェリアの36州のうち少なくとも30州に配備されています。

情報相のライ・モハメッドは、ロイターとのインタビューで、身代金を支払わないという戦略を擁護した。 代わりに、政府は複数の盗賊キャンプを破壊し、盗賊に取り組むために他のアプローチを試みたと彼は言った。 彼は、進行中の作戦に関する秘密の必要性を理由に詳細を述べることを拒否したが、政府のすべてのレベルが子供たちを解放するために働いていると言った。

「私たちは反乱との戦いに勝ち、盗賊との戦いに勝ちました」とモハメッドは言いました。 テギナを含むニジェール政府はコメントを控えた。 知事と協力している当局者は、彼らの努力を秘密にしておく必要があると言った。

その間、課題は増え続けています。 NGOであるArmedConflict Location and Event Data Project(ACLED)は、2021年の最初の6か月間に、ナイジェリアでの暴力が過去6か月と比較して28%増加したことを追跡しました。 報告された全国的な暴力による死亡者数は61%増加して5,197人となった。

それはすべて、過激主義政策ユニットのブカルティが、アダムと他の両親が身代金を支払うために必要なすべてのものを自分で売ることをいとわない理由を説明しています。
「彼らは決して(それを)買う余裕がない。しかしそれは生死にかかわる問題である。そして彼らは治安機関が彼らの愛する人を解放できないことを知っている。」

Back to top button