健康

米国は8ヶ月でCOVIDワクチンブースターを推奨する、と情報筋は言う| 世界のニュース

COVIDワクチンを2回接種するだけで十分ですか、それとも3回目の追加接種が必要ですか? それとも、ブースター用量は年次/定期的な問題になりますか? COVIDブースター用量についての憶測の中で、米国はまもなくその勧告を宣言することになっています。 米国の専門家は、年齢に関係なく、2回目の接種を受けてから8か月後に、すべてのアメリカ人にCOVID-19ワクチンブースターを推奨し、デルタ変異体が全国に広がるにつれてコロナウイルスに対する持続的な防御を確保することが期待されています。

連邦保健当局は、ワクチン接種のための追加の注射がこの秋には早くも必要かどうかを積極的に検討しており、米国の症例数と、予備研究がワクチンの予防を示唆しているイスラエルなどの他の国の状況を検討しています。 1月にワクチン接種を受けた人々の間で深刻な病気が減少しました。

匿名を条件にAP通信に内部審議について話し合った問題に詳しい2人によると、米国のブースター勧告に関する発表は今週すぐに予定されていた。 食品医薬品局がワクチンを正式に承認して初めて、用量が広く投与され始めます。 その行動は、今後数週間でファイザーのショットに期待されています。

先週、米国の保健当局は、ウイルスを捕まえるリスクが高いことと、ワクチンの有効性が時間の経過とともに衰えたことの証拠を理由に、免疫システムが弱まっている人にブースターを推奨しました。 国立衛生研究所の所長であるフランシス・コリンズ博士は、米国がこの秋にアメリカ人にコロナウイルスブースターショットを提供するかどうかを今後数週間で決定できると日曜日に述べた。 それらを最初に受け取ったのは、医療従事者、ナーシングホームの居住者、およびワクチン接種を受けた最初のアメリカ人の一部であった他の年配のアメリカ人である可能性があります。
米国疾病予防管理センターによると、1億9800万人以上のアメリカ人がCOVID-19ワクチンを少なくとも1回接種しており、1億6800万人以上が完全にワクチン接種されています。 それでも、ワクチン未接種のコミュニティ全体に積極的に蔓延しているが、完全にワクチン接種された人々のいわゆる「突破感染」の増加の原因でもある、より伝染性の高いデルタ変異体のために、国はウイルス症例の4番目の急増を経験しています。

イスラエルは、デルタ変異型の症例での自身の急増を制御するために、5か月以上前にすでにワクチン接種を受けた60歳以上の人々にコロナウイルスブースターを提供してきました。
当局は、2回投与のファイザーまたはモダナレジメンまたは1回限りのジョンソン&ジョンソンワクチンを受けた後も、デルタ変異を含むCOVID-19から人々が高度に保護されたままであることをデータが示していると当局は述べていました。 しかし、米国の保健当局は日曜日、ブースターの時期が遅かれ早かれ来る可能性に備えていることを明らかにした。
「ワクチンの有効性が低下し始めるのではないかという懸念がある」とコリンズ氏は述べた。 「そしてデルタは私たちが対処しようとする厄介なものです。これら2つの組み合わせは、ブースターが必要になる可能性があることを意味します。最初は医療提供者や老人ホームの人々から始めて、徐々に他の人と一緒に前進します。昨年末に利用可能になった後、最初に予防接種を受けた年配のアメリカ人など。」

彼は、デルタバリアントが7月に米国のハードを襲い始めただけなので、ケースデータの「次の数週間」は米国が決定を下すのに役立つだろうと述べた。 ホワイトハウスは、米国が世界と1億1000万回以上のワクチン投与量を共有し始めたとしても、保健当局によって推奨された場合、米国にはブースターを提供するのに十分な国内供給があると述べています。

世界保健機関を含む世界の保健当局は、発展途上国の人々に最初の線量を確実に供給するために、より裕福でワクチン接種を受けた国々にブースターショットを延期するよう求めています。

(PTI入力あり)

生放送

Back to top button