健康

米国とドイツはロシアにウクライナ国境からの軍隊の撤退を要請する| 世界のニュース

ベルリン:ドイツ政府のスポークスマンは、ドイツのメルケル首相と米国のジョー・バイデン大統領が、ウクライナ国境から軍隊を撤退させ、地域の状況を悪化させるようロシアに求めたと述べた。

米国とNATOの同盟国は、ウクライナ近郊と、モスクワが2014年にキエフから併合した半島であるクリミア半島にロシア軍が大量に集結していることに警鐘を鳴らしている。

ロシアとウクライナは水曜日に同時軍事演習を行い、NATOの外相と国防相がウクライナ国境近くでのロシア軍の集結に関する緊急協議を開始した。

メルケル首相とバイデン首相は電話で、ウクライナ東部の最新動向について話し合い、ロシアにさらなる拡大を避けるよう求めた。

政府のスポークスマン、シュテッフェン・ザイバート氏は、「首相と大統領は、状況を悪化させるために、ロシアが最新の軍の増援を減らすべきであることに合意した」と述べた。

ホワイトハウスは声明の中で、バイデンとメルケルは「ウクライナの国境と占領下のクリミアでのロシア軍の増強について懸念を表明し、ウクライナの主権と領土保全に対する彼らの支持を再確認した」と述べた。

ホワイトハウス報道官のジェン・サキは、バイデンが火曜日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領と話し、ロシアの活動の結果を強調したと述べた。
トルコの外交筋は水曜日に、米国が黒海への2隻の軍艦の配備をキャンセルしたと述べた。

生放送

Back to top button