健康

米国では、パスポートの有効期限が切れた市民の直接帰国が許可されています。 世界のニュース

ワシントン:パスポートの有効期限が切れて海外に旅行していた米国市民は、COVID-19の大流行の中で、2021年12月まで帰国できるようになります。

「現在海外でパスポートの有効期限が2020年1月1日以降の米国市民は、有効期限が切れたパスポートを2021年12月31日まで米国への直接帰国旅行に使用できる可能性があります」と国務省は月曜日(5月24日)に通知しました。 。

ただし、最近期限切れになったパスポートを使用して、米国から国際的な目的地に旅行したり、外国に旅行するために、その国または米国の領土に向かう途中の空港接続よりも長い滞在期間を設定することはできません。

国務省は、市民が海外旅行を再考し、可能であれば旅行を延期することを強く推奨し続けています。

「また、帰国を希望する米国市民には、米国への空の旅には、フライトの出発から72時間以内に取得されたCOVID-19検査結果が陰性であることの証明が必要であることを思い出させます。更新を希望する場合米国に帰国した際のパスポート、現在の処理時間は公式ウェブサイトで確認できます」と述べています。

また読む:米国大統領ジョー・バイデンはベラルーシの飛行機の迂回を非難し、それを「法外な事件」と呼んでいる

Back to top button