健康

米国、日本の行動は分裂を引き起こしている、と中国は言う| 世界のニュース

北京:中国は、ジョー・バイデン大統領と菅義偉首相との会談で日米同盟のショーに反撃し、「菅義偉のストーキング部門の皮肉な試み」と述べた。民主主義と人権の共通の価値観に関する共同声明と、インド太平洋地域での中国の活動に関する懸念が放映されたが、二国間関係の通常の発展の範囲をはるかに超えていた」と語った。

ワシントンの中国大使館のスポークスマンは土曜日の声明で、「他国に対して分裂を引き起こし、ブロックを構築するそのような試みが「自由で開かれた」という旗の下に置かれることは、これ以上皮肉なことではない」と述べた。

日米首脳の声明はまた、台湾海峡における平和と安定の重要性に言及し、1969年のリチャード・ニクソンと佐藤栄作の会談以来、日本の首相が台湾に関する米国とのコミュニケで初めて発言したことを示した。 。 隣国との関係を管理することに長い間慎重であった日本は、菅に対してより率直になりました。

米国と中国は、チベットと新疆ウイグル自治区での人権、香港での抗議と政治的自由の取り締まり、台湾とそのほとんどに対する領有権主張の中国の主張を含む、過去数年間の幅広い問題で衝突してきました。南シナ海と非難北京はCOVID-19の発生について世界に知らせるのが遅かった。 中国は自治台湾をその領土として主張し、香港のように、それは北京の管理下にあるべきであると言います。

中国の楽玉成副外相は、金曜日に北京で行われたAP通信とのインタビューで、「米国は決して台湾のカードを使用しようとすべきではない」と述べた。 「それは非常に危険です。これは私たちの赤い線です。米国は決してそれを越えようとすべきではありません。」

日米共同声明はまた、香港の人権と中国の少数民族のイスラム教徒に対する懸念を表明した。 両首脳は、共通の関心分野で中国と協力することを計画していると宣言した。」

中国は、新疆ウイグル自治区、台湾、香港に対する姿勢を改めて表明し、これらはすべて国内問題を考慮している。 「これらの問題は中国の基本的利益に関係し、干渉を許さない。我々は共同首脳声明の関連するコメントに強い懸念と強い反対を表明する」と述べた。

Back to top button