健康

私は「武漢研究所から来る中国ウイルス」について正しかった: ドナルド・トランプ | 世界のニュース

ワシントン: 前米国大統領は、「中国ウイルスは武漢研究所から来た」という彼の仮定については正しいと述べた. 「今や誰もが、いわゆる「敵」でさえ、武漢研究所から来る中国ウイルスについてトランプ大統領が正しかったと言い始めている」と、元米国大統領のドナルド・トランプは述べた.

トランプ氏はまた、この「研究所のリーク」が原因で中国が引き起こした死と破壊について、中国に多額の罰金を科すことも求めた。

「アンソニー・ファウチ博士と中国の書簡は、大声で話しすぎて誰も無視できない。中国は、彼らが引き起こした死と破壊のために、アメリカと世界に10兆ドルを支払うべきだ! トランプ氏を追加。

米国のコロナウイルス最高顧問であるアンソニー・ファウチ博士のプライベートメールがマスコミに明らかになった後、武漢研究所からのコロナウイルスに関する議論が再び火をつけられた.

2020 年 1 月から 6 月にかけて、情報公開法 (FOIA) の要請を通じて、ワシントン ポスト、バズフィード ニュース、CNN が 3,000 ページ以上の電子メールを入手しました。

ファウチ博士と彼の同僚は、初期の段階で、COVID-19 が中国の武漢にある研究所から漏れた可能性があるという説に気づきました。 「研究所のリーク」メールに関して、医師はCNNに、武漢の研究所がウイルスを放出した可能性はまだ低いと考えていると語った.

「編集された内容は覚えていませんが、中国人が意図的に何かを設計して、他の人々と同様に自分自身を殺すことができるという考えは非常にばかげていると思います」と彼は言った.

「それはちょっと遠いと思います」 物議をかもしたこの主張は昨年、専門家によって却下され、専門家は「極めてありそうもない」と述べた。

それを裏付ける証拠は出ていません。 しかし、ここ数日、ウイルスの起源に関する決定的な国際調査への批判や、公式に特定される数週間前にこの地域で新型コロナウイルスに関連した病気が新たに報告されていることへの批判の中で、この理論は再び議論を呼んでいる.

生放送

Back to top button