健康

社会的リスクが懸念される中、中国は出生政策を緩和する:出典| 世界のニュース

北京:中国は、最新の国勢調査が国の出生傾向の低下と人口の高齢化に対処する緊急性を強調しているにもかかわらず、社会の安定を損なうことを恐れて出生政策を緩和することに慎重に踏み出すだろうと政策筋は述べた。

先週の2020年国勢調査で、出生数の減少と高齢化の加速に伴い、中国の人口は1950年代以来、過去10年間で最もゆっくりと増加したことが示された後、出生政策改革への期待が高まっています。

日本やイタリアなどの高齢化社会と同様に、2020年の女性1人あたりの出生率は1.3であり、中国のリスクを強調しています。世界で2番目に大きな経済は、最初にG7諸国。

情報筋によると、トップリーダーは人口動態の課題に対処するためのより広範な計画を策定しており、単に出産の縁石を取り除くのではなく、カップルの経済的負担を軽減することで出産を促進するより効果的な方法が含まれています。

北京が徐々に行うと述べた定年の引き上げは、労働力の減少を遅らせ、最終的には積立不足の年金制度への圧力を和らげるのに役立つと彼らは述べた。

中国は1970年代後半に物議を醸す「一人っ子政策」を導入しましたが、2016年には制限を緩和し、急速に高齢化する人口のバランスを取り直そうとしたため、すべてのカップルが2人の子供を持つことができるようにしました。 しかし、この変化は少子化を止めることはできませんでした。

情報筋は、北京が今後3〜5年間で出産制限を完全に解除する前に、現在の政策枠組みの下でより多くの出産を奨励することを期待していると述べた。

出生制限を撤廃すると、意図しない結果が生じる可能性があります。高額な費用のために子供を増やすことを躊躇する都市住民への影響は限定的ですが、農村部の家族はより早く拡大し、貧困と雇用圧力を増す可能性があります。

「政策を解放すれば、地方の人々は都市の人々よりも積極的に出産する可能性があり、他の問題もある可能性がある」と、問題の敏感さのために特定されなかった政策筋は述べた。

情報源は政策の議論に関与していますが、最終的な意思決定プロセスには関与していません。

国家評議会情報局はロイターのコメント要請にすぐには応じなかった。

中国は、生産年齢人口が減少しているにもかかわらず、年間少なくとも1,000万人の新しい都市雇用を創出することを目指しています。

中国内閣の顧問である劉華氏は、中国の主要な人口問題は規模ではなく高齢化であり、政府の財政に大きな圧力をかけるだろうと述べた。
同氏はロイター通信に対し、「住宅、医療、教育のコストが高いことを考えると、出生問題を解決するのは難しい」と語った。 「それで、私たちは包括的な政策を持つべきです。」

変更の呼びかけ

中国人民銀行(PBOC)は、ここ数週間、敏感な人口問題についてより声高になっています。

中国人民銀行は4月、ワーキングペーパーで、経済的影響を相殺するために「出産を完全に自由化し、積極的に奨励する」べきであり、日本の「失われた20年」から教訓を引き出すべきだと述べた。

人口動態の変化は、経済の停滞、貯蓄率の低下、資産価格のデフレにつながる可能性がありますが、現在の年金制度は、高齢化の軌道に向けて準備が整っていません。

65歳以上の人々の割合は、2010年の8.87%から2020年には13.5%に達しました。

ただし、現在のポリシーの変更は段階的に行われる可能性があります。

「主要な政策決定は、圧力が十分に大きい場合にのみ行われる。政策を変更するかどうかは、社会の安定への影響の評価に依存する」と、同じく指名を拒否した政府顧問は述べた。

才能のある配当

米国との競争が深まるにつれ、中国はよりイノベーション主導の経済を構築することが急務となっています。 習近平大統領の「二重循環」戦略の下で、中国は海外市場と技術への依存を緩和することを目指しています。

「人口ボーナスから人材配当に移行すべきだ」と最初の政策筋は述べた。

国勢調査では、過去10年間で教育の改善が見られました。 大学教育を受けている人の割合は8.9%から15.5%に上昇し、15歳以上の平均就学年数は9。1年から9。9年に上昇しました。

野村のチーフエコノミスト、ロブ・サブバラマン氏は、いわゆる中所得国の罠を回避しようとしている中国にとって、「人口動態の逆風を減らす」ことはますます優先されるだろうと述べた。

「他のアジア諸国の経験は、社会に出生率を上げることを奨励することは難しいことを示していますが、労働力を増やして生産性を高めるためにあらゆる努力を払うべきです。」

生放送

Back to top button