武漢研究所のリーク理論とは? バイラルニュース

ニューデリー: COVID-19 の原因となるウイルスである SARS-CoV-2 は、世界中の人々の健康に影響を及ぼし、人々を数か月間活動停止に陥れました。 多くの人に感染し、100万人以上の命を奪いました。

発生から約1年半が経過した今でも、世界はCOVID-19を引き起こすSARS-CoV-2ウイルスがどこから来たのかを解明しようとしています。

ウイルスがコウモリからヒトに流出したとする説があり、2019年に最初にCOVID-19が報告された中国の武漢の研究所からウイルスが出現したという仮説もある.

パンデミックが、人間に流行する可能性があるコロナウイルスの研究を専門とする主要なウイルス研究センター「武漢ウイルス学研究所」の近くで始まったという事実は、「ラボリーク理論」を生み出しました。 また、18 人の科学者が署名した Science 誌に SARS-CoV-2 の起源を調査するよう求めた記事が掲載された後、さらに大きな反響を呼んだ。

最近、米国の感染症専門家のトップであるアンソニー・ファウチ博士もこの議論に火をつけており、COVID-19が最初にラボのリークの結果として発生したかどうかについて重要な手がかりを提供する可能性のある病気を持つ9人の医療記録を公開するよう中国に求めた.

「2019年に発病したと報告された3人のカルテを見たいのですが、本当に病気になったのですか?もしそうなら、彼らは何に病気になったのですか?」 ファウチは言った。

一方、中国の科学者や当局者は、ウイルスが武漢に到達する前に他の地域で循環していた可能性があり、輸入された冷凍食品の出荷や野生生物の取引を通じて中国に侵入した可能性があるとして、研究所のリーク仮説を一貫して否定しています。

COVID-19 ウイルスの起源は激しく争われており、世界保健機関 (WHO) は 2021 年 1 月 14 日から 2 月 10 日まで武漢への現地視察に国際チームを派遣しました。

2021 年 3 月 30 日に発表された報告書の中で、WHO の事務局長であるテドロス アダノム ゲブレイェスス博士は、さらなる研究を呼びかけました。

「WHOに関する限り、すべての仮説がテーブルに残っています。この報告は非常に重要な始まりですが、終わりではありません。ウイルスの発生源はまだ見つかっていません。私たちのように、石を放置してはいけません」とテドロスは言った。

「ウイルスの発生源を見つけるには時間がかかります。私たちは、ウイルスの発生源を見つける責任があります。そうすることで、このようなことが再び起こるリスクを減らすための措置を講じることができます。1 回の調査旅行では、すべての答えを提供することはできません」と彼は付け加えました。

WHO のレポートは、次の Web ページで入手できます: SARS-CoV-2 ウイルスの起源

5月初め、米国のジョー・バイデン大統領は、米国の諜報機関に、COVID-19の起源について結論を出し、3か月以内に彼に報告するために「努力を倍加する」よう求めた.

バイデン氏は、「インテリジェンス・コミュニティに対し、最終的な結論に近づくための情報を収集・分析し、90日以内に報告するよう、さらに努力するよう求めた」と述べた。ウイルス。

バイデン氏は「報告書の一部として、中国に関する具体的な質問を含め、必要となる可能性のあるさらなる調査分野について尋ねた」と述べた。 彼は、米国は世界中の志を同じくするパートナーと協力して、中国に完全で透明性のある証拠に基づいた国際調査に参加するよう圧力をかけ、関連するすべてのデータと証拠へのアクセスを提供すると付け加えた.

6 月 4 日現在、世界で 17,17,82,908 人の COVID-19 が確認されており、そのうち 36,98,621 人が死亡しています。

(機関からのインプットあり)

Exit mobile version