健康

権利グループは、パキスタンでの人権活動家の拉致について懸念を表明している| 世界のニュース

イスラマバード:スイスのブリュッセルにあるルクセンブルグを含むアムネスティ・インターナショナルのさまざまなヨーロッパ支部がシンド州の首相に手紙を送り、同国での人権活動家の拉致に対する懸念を表明した。

人権活動家であり、粟見労働党(AWP)の労働秘書であるSeengar Noonariは、さまざまな私有財産開発者に抵抗するためにコミュニティを組織したとして、6月26日にナシラバードの彼の住居から誘拐された。

拉致は、シンド州の私有財産開発業者による違法な土地取得に対するAWP建国記念日の前夜に行われた。 伝えられるところによると、私服を着た15人の男性が、目隠しをして彼を連れ去る前に、ヌーナリの家を略奪した。

この問題についてパキスタン高等弁務団の前で7月12日にロンドンでも抗議が行われ、ヌーナリの即時釈放を求める請願書が提出された。ヌーナリの妻もシンド高等裁判所に彼の所在の開示と即時釈放を求める請願書を提出した。以前、7月11日のパキスタンのメディアは、ラルカナおよびシンドの他の地域での「ジエシンドクアミマハズ」による集会と、バーリアタウンプロジェクトのためのサッタ地域を含むシンドの資源と土地の奪取に関するセミナーを報告した。

セミナーの参加者は、さまざまな住宅プロジェクトのためにカラチの緑地帯が脅威にさらされていることを強調しました。AwamiTehrikの社長であるRasool Bux Khaskheliは、カラチでのセミナーで「土地の奪取、国の民主主義およびその他の問題の管理」と題して講演しました。 「シンドの人々はシンドの土地で最初と最後の権利を持っており、連邦政府はその土地と資源を管理する権利を持っていなかったことを強調した。

他の講演者もまた、カラチで提案されているバーリアの町に反対するデモを行っている抗議者の逮捕を非難し、彼らの即時釈放を求めた。

生放送

Back to top button