ビジネス世界健康市場調査理科

日本初のオミクロン事件は、岸田首相を決定的に描くのに役立つかもしれない

日本は、世界で最も厳しい予防措置の一つで、すべての外国人に国境を閉鎖した翌日の火曜日に、コロナウイルスのオミクロン変異体の最初の症例を確認した。

しかし、この事件は、岸田文雄首相が迅速な閉鎖決定を下すのにふさわしいことを示す可能性があり、前任者の菅義偉氏の9月のウイルス取り扱いに対する辞任に拍車をかけたような批判を回避するのに役立つ。

松野博和官房長官は、日本の首都成田空港に到着した30代のナミビア出身の外交官、被害者の発見は、国境管理がうまくいったことを示していると述べた。

「オミクロンの最悪の状況を避けるために、我々は各国の感染状況の上にとどまり、柔軟かつ迅速に対応します」と、彼が付け加えました。

岸田氏は、危機への対応が多くの不満を残した菅の後任として、日本のパンデミックへの対応を強化すると約束していた。

国境の抑制はわずか数週間前に緩んでおり、岸田は、アナリストが強いメッセージを送ることを目的としていると言った動きで、再び国を閉鎖するという彼の決定に対するすべての批判に責任を負うと言いました。

「彼は危機に強いリーダーであり、そのような決定的な動きをすることができると言っています」と、先瀬田大学の政治学教授日野愛野は言いました。

「彼の前の政府はすぐに旅行を制限しませんでした、そして、彼はそれを考慮に入れてます。「危機にどう対処するかは政府を作るか、壊すことができるのは政治のトラウマだ」と彼は付け加え、9.11攻撃後のジョージ・W・ブッシュ米大統領への支持の高まりを引き合いに出した。

火曜日に発効してから少なくとも1ヶ月は続くこの措置は、一般的に国民から歓迎され、ビジネスリーダーによって容認された。

「高齢者にとってはこういう方がいい」と80歳の定年退職者の安宮知子氏は言う一方、ツイッターのコメント者の一人は「ありがとう」とだけ言った。

日本企業役員会の桜田健吾代表は、国境対策を「遺憾」と呼んだが、仕方がない、と述べた。

観光の秋

近年、観光は日本経済の柱となっているが、昨年パンデミックが始まって以来、インバウンド訪問者数がほぼゼロに落ち込んだにもかかわらず、経済は彼らなしでぐったりしている。

しかし、長期的には、新しい変種が海外需要を悪化させ、日本企業の供給ラインを騒がせば、輸出依存経済は苦しむ可能性がある、と大和研究所のエコノミスト、岸川和美氏は言う。

「さらに、アジアの部品工場でのCOVID-19の普及による自動車メーカーの生産削減に先に見られるように、サプライチェーンを混乱させる可能性がある」と彼は付け加えた。

日本のパンデミック状況が沈静化するにつれて国境管理が緩和されるべきだ、とビジネスロビーは述べ、抑制は世界基準とずれ、重要な従業員を締め出していると付け加えた。

東京の新しいケースは最近、1桁に落ちています。

「日本政府は圧力を受けているが、現在の安全議定書は、人口を安全に保ち続ける上で十分であると考えている」と、日本の欧州ビジネス評議会のマイケル・ムロチェク会長は述べた。

ナミビアの外交官は、オミクロン変異体がコロナウイルスに対してワクチン接種されたことを確認したが、ワクチンの種類はまだ分かっていない、と後藤茂之保健相は記者団に語った。男性のフライトの他のすべての人々は、密接な接触として扱われ、2日ごとにテストされると、後toは言いました。

岸田のギャンブルが報われるかどうかはまだ分からない、と前田の日野は述べ、突然の決定は外国人研修生に依存する経済のセクターに問題を引き起こす可能性があると付け加えた。

来年の夏、議会の参議院に対する重要な選挙が行われる。

「すぐに世論調査に出られないかもしれないが、チャンスは彼を助けるだろうと思う」と日野は言った。

Rishabh

私は時間の経過とともに自分自身のより良いバージョンになることを目指している人です。 MS Excel、コミュニケーション、人前で話す、ソーシャルメディアマーケティングに熟練していることに加えて、マーケティングは私が楽しみにしているものであり、さまざまな個人にデジタルおよび非デジタルでのマーケティングに関するさまざまなヒントやコツを与えてきました。 また、私は音楽が大好きで、私も上手に歌えると言われています。 [email protected]
Back to top button