健康

日本人の60%が東京オリンピックのキャンセルを望んでいます:世論調査| 世界のニュース

東京:日本の60%近くの人々が東京オリンピックの中止を望んでいると、オリンピックが始まる3ヶ月以内の月曜日(5月10日)に世論調査が示した。

日本は東京で非常事態を5月末まで延長し、COVID-19の急増を抑えるのに苦労しており、大会を続けるべきかどうかについてさらに疑問を投げかけています。

パンデミックにより1年延期された2020年オリンピックは7月23日に開幕する。

読売新聞が5月7日から9日まで毎日実施した調査では、大会の中止を希望したのは59%、開催すべきだと答えたのは39%だった。 「延期」はオプションとして提供されませんでした。

オリンピックを先に進めるべきだと答えた人のうち、23%が観客なしで開催すべきだと答えました。 外国人の観客は禁止されていますが、国内の出席に関する最終決定は6月に行われます。

TBS Newsが週末に実施した別の世論調査では、65%がゲームのキャンセルまたは延期を望んでおり、37%がイベントを完全に廃止することを投票し、28%が別の遅延を要求しました。

共同通信が4月に行った同様の世論調査では、70%がオリンピックのキャンセルまたは延期を望んでいたことがわかった。

オリンピックのトップオフィシャル、ジョン・コーツ氏は土曜日に、オリンピックに関する日本の感情は「懸念された」が、スポーツの祭典が進まないシナリオは予見できないと述べた。

日本の菅義偉首相は、COVID-19の症例が急増したにもかかわらず、オリンピックを進めることを繰り返し誓いましたが、TBSの調査では、彼の支持率は40%であり、今年初めに記録された最低値に近いことがわかりました。

日曜日(5月9日)、日本のテニス選手、大坂なおみは、一生待ってオリンピックに出場したが、東京大会開催のリスクについて慎重に検討する必要があると語った。

生放送

Back to top button