健康

日本はCOVID-19酸素危機の中で300の酸素濃縮器、人工呼吸器をインドに提供する| 世界のニュース

東京:日本駐インド大使鈴木聡氏は金曜日(4月30日)、COVID-19パンデミックの第2波に直面しているインドに300台の酸素発生器と同数の人工呼吸器を提供すると発表した。

鈴木氏はツイッターで、日本は「最も困窮している時期」にインドと並んでいると述べた。

「日本は、インドが最も必要としている時期に立っている。私たちは、300台の酸素発生器と300台の人工呼吸器を提供する手続きを進めることにした」と彼はツイートした。

木曜日(4月29日)、ハーシュ・シュリングラ外相は、日本は国際協力の「緊密なパートナー」であり、インドの多くの要求に応えてきたと述べた。

「日本は、国際協力の観点から重要な分野で非常に緊密なパートナーであり、日本が私たちの多くの要件に対応してくれたことを非常に嬉しく思います。ここで日本は、コンセントレーターを含む多くのアイテムを提供してきました。人工呼吸器、医薬品」と述べた。

金曜日(4月30日)の朝、インドはルーマニアと英国からコロナウイルス関連の支援を受けました。

外務省(MEA)のスポークスマンであるArindam Bagchi氏は、ツイッターで、インドはルーマニアから80個の酸素濃縮器と75個の酸素濃縮器を受け取り、英国からは280個の酸素濃縮器を受け取ったと述べた。

今朝早く到着した280個の酸素濃縮器を含む3回目の出荷について英国に感謝します。 パンデミックとの闘いに対する私たちの共通のコミットメントを反映しています。@ HCI_London @ UKinIndia

— Arindam Bagchi(@MEAIndia)2021年4月30日

木曜日(4月29日)にインドが過去24時間に3,79,257件の新しいCOVID-19症例を記録したため、COVID-19症例の急増はインドに影響を及ぼし続けています。 これは、昨年のパンデミックが始まって以来、ケースの中で最も高い1日スパイクです。

インドで悪化しているCOVID-19の状況では、COVID-19患者の医療用酸素とベッドの需要が急増しています。 世界中のいくつかの国がインドを支援するために前に出てきました。

生放送

Back to top button