健康

日本はCOVID-19の蔓延を抑えるために3週間非常事態を宣言します| 世界のニュース

東京:COVIDが急増する中、日曜日(4月25日)に東京、大阪、京都、兵庫の各都道府県で、パンデミック発生以来3週間に及ぶ非常事態宣言が発効しました。 19件。

土曜日には、日本のコロナウイルスの1日あたりの症例数は5,600のしきい値を超え、3か月で最大の症例になりました。

今後数週間は、アルコール飲料を提供する施設、大型ショッピングモール、テーマパークを閉鎖することをお勧めします。アルコールを提供しないレストランは午後8時(グリニッジ標準時11:00)に閉店する必要があります。

違反者には30万円(2,800米ドル)の罰金が科せられます。 スポーツイベントは観客なしで開催されます。

さらに、雇用主は、スタッフの70%をリモートでの作業に切り替えることをお勧めします。 当局の勧告を満たす人は、補償と支援を受けます。

日本の菅義偉首相は金曜日(4月23日)、4月29日からの一連の休日であるゴールデンウィーク中の人々の流れを減らすために、4月25日から5月11日まで4都道府県に非常事態宣言を導入すると発表した。 -5月9日は国内外を大規模に旅行しました。

生放送

Back to top button