健康

日本は政府のサービス、記録管理をデジタル化するためにデジタルエージェンシーを展開します| 世界のニュース

ニューデリー:日本は、パンデミックによって不足が浮き彫りになった時代遅れのシステムに待望のオーバーホールをもたらすことを期待して、水曜日の新しいデジタルエージェンシーの立ち上げで政府サービスと記録管理の技術的アップグレードを提供することを目指していました。

日本は現在、国民が政府サービスに申請するために昔ながらの事務処理に大きく依存していますが、中央政府と地方政府のオフィスはデータの保存と管理に異なるシステムを使用しており、互換性に欠けています。

国民向けの政府サービスにおけるデジタル化の欠如は、パンデミックの際に大きな問題となり、財政的助成金や支援の申請の遅延や取り扱いの誤りを引き起こし、ウイルス対策に必要な医療データの送信を遅らせました。

地元の保健センターでのファックスベースのデータ共有により、COVID-19患者に関連する情報の記録と共有が遅れました。 予防接種予約システムと、ロールアウトの最新情報を提供するための別のシステムでも問題が報告されました。

また、デジタル化の欠如により、昨年のパンデミックの初期に多くの学校がオンラインクラスに切り替えたために遅れが生じました。

デジタル化の推進は、昨年9月に政権改革を推進する方法として就任して以来、菅義英首相の政治的優先事項の1つでした。

その後、パンデミックによって引き起こされた問題のいくつかは改善されましたが、新しい機関の立ち上げは、そのような変化を強化し、他の場所に拡大することを目的としています。

加藤勝信官房長官は、政府はデジタルエージェンシーを通じて、「デジタルデバイド」やプライバシーの懸念を引き起こすことなく、すべての市民がデジタルサービスの利便性を享受できる社会の促進に努めると述べた。

デジタルトランスフォーメーション大臣の平井卓也氏が率いるこの機関には、民間部門から雇用された200人を含む、約600人のスタッフがおり、残りは他の省庁から異動しています。

同庁は、5年以内に自治体が使用するさまざまなシステムを標準化しながら、高齢者介護や育児などの31の分野で行政手続きをデジタル化することを目指していると当局者は述べた。 代理店はまた、年末までにワクチン接種を完了した人のためにCOVID-19ワクチン証明書をデジタル化することを目指しています。

市民は、政府機関にフォームを提出したり郵送したりすることなく、パスポートやその他の目的を取得するために必要な公式の家族登録記録を取得できます。 また読む:ノイダオーソリティCEOがスーパーテックツインタワーケースを調査するためのチームを設立

代理店はまた、銀行口座やその他の公的および私的サービスにアクセスできる多目的身分証明書として発行された、各個人に割り当てられた12桁の「マイナンバー」の使用を促進します。 また読む:2021年9月に車、オートバイを購入したいですか? これらの縁起の良い日、時間とムフラットをチェックしてください

Back to top button