健康

日本は中国を軍事サイバー攻撃で非難し、グローバルなサイバーセキュリティコミュニティを騒がせています| 世界のニュース

東京:日本の警察署長松本光弘が中国をサイバー攻撃の責任者として公式に特定した後、警察庁はその主張に関して外国政府やメディア組織からの問い合わせに圧倒され、世界のサイバーセキュリティコミュニティの間で騒動を引き起こしました。

日経アジアは、警視庁が4月20日に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)を標的としたサイバー攻撃に参加したとして、中国共産党(CCP)のメンバーでもある中国のシステムエンジニアに対して訴訟を起こしたと報じています。 2016年と2017年には他の200の日本企業と研究機関。

警視庁によると、容疑者は偽のIDを使用して、JAXAに対するサイバー攻撃のために国内のWebサーバーを登録しました。これは、中国の人民解放軍(PLA)も侵入に関与していることを示唆しています。

容疑者は今、日本から逃げ出した。 警察は最初に疑わしいサーバーを発見し、次にそれを監視し始め、最終的にJAXAに対するサイバー攻撃を検出しました。

攻撃者が宇宙機関が使用するセキュリティソフトウェアの脆弱性を悪用しようとしていることが判明し、同様の攻撃に直面している企業に防御策を講じるようアドバイスしました。

「中国の山東省青島市で活動する戦略支援部隊である人民解放軍のユニット61419がサイバースパイ活動に関与した可能性が高い」と警察庁長官の松本氏は語った。 4月23日。

一方、北京は日本による主張を激しく否定しており、外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン氏は次のように述べている。 [using allegations of] 中国に泥を投げかけるサイバー攻撃。」

王氏の発言に応えて、松本容疑者は、容疑者や関係者の証言など、証拠があると述べた。 これらのコメントは、中国と東京の間の神経の戦争を示唆している、と日経アジアは報じた。

2015年、日本年金サービスはサイバー攻撃に見舞われ、大規模な情報漏えいにつながり、100万を超える名前と年金識別番号が漏洩し、一部には生年月日と住所が付随していました。

次の調査は、中国のサーバーが使用されたことを示す証拠を提供しました。

しかし、北京が関与したという決定的な証拠はなかったので、東京は攻撃が国の支援を受けたと主張することをやめた。

しかし今回は、警視庁によるより良い法医学により、日本政府は北京を直接非難した。

日経アジアの坂口雄一氏は、不朽の証拠があったとしても、海外で活動している有罪の外国人を裁判にかける可能性はほとんどないと書いている。

ただし、サイバー攻撃のソースを追跡および特定することを指すサイバー帰属のプロセスは、将来のサイバー攻撃を阻止したり、加害者とされる者に対する制裁の基礎を築いたりすることを期待して、「名前を付けて恥をかかせる」ために使用できます。

紛争中の東シナ海での北京の活動が活発化する中、中国と日本の間の緊張が高まったときに、この啓示がもたらされた。

今年初め、北京は、中国が違法に水域に侵入していると見なしている外国船に対して、国の準軍事力が武器を使用することを許可する新しい法律を施行した。

日本は先月、中国の沿岸警備隊が、中国人に釣魚島として知られる尖閣諸島の近くに月に2回、週に2回も入ることで、争われている海域での存在感を拡大したと述べた。

先月、米国企業のマイクロソフトは、中国に関連する洗練されたハッカーのグループが、コンピューターへのアクセスを可能にする人気のある電子メールサービスにハッキングしたと述べた。

同社は、ソフトウェアの4つの脆弱性により、ハッカーがMicrosoft Exchangeのサーバーにアクセスできるようになり、「電子メールアカウントへのアクセスが可能になり、被害者の環境への長期アクセスを容易にする追加のマルウェアのインストールが可能になった」と述べていました。

昨年、重大なセキュリティ侵害で、オーストラリアは「国家ベースのアクター」による大規模なサイバー攻撃に見舞われました。

生放送

Back to top button