ビジネス世界健康市場調査理科

日本はミャンマーの権利に関する外交的ダブルゲームを行う

クーデターを公式に非難しているにもかかわらず、日本は軍政との関係正常化に向けて動き続けている

ミャンマーでの2月1日の軍事クーデター以降、軍政治安部隊は1300人近くを殺害し、1万人以上を逮捕し、7400人近くを拘束し続けている。軍政が管理する裁判所は、子ども2人を含む65人に死刑判決を下した。

このような暴力に直面して、民兵は軍政に反対し、治安部隊だけでなく、軍政を支持していると認識される民間人を標的にするために全国に形成されています。

ミャンマーの最も近い同盟国の一つである日本は、何らかの行動を起こした。東京はクーデターを非難する一方で、暴力の終結とアウン・サン・スー・チー氏を含む選出された政府高官の釈放を要求した。日本政府は今年初め、新しい非人道的公的開発援助(ODA)プロジェクトを中止する一方で、既存の援助プロジェクトの継続を可能にした。

また、東南アジア諸国連合(ASEAN)と協力し、ASEAN特使を通じて人権侵害に対処するよう軍政に迫る取り組みを続けている。国会は6月、クーデターを非難する決議を可決し、「民主的な政治システムの迅速な回復」を求めた。

しかし、日本は、民主的な同盟国が行ったように、軍高官や軍政高官、または経済的利益に対する標的型経済制裁を行うのをやめた。

そして今、日本はクーデターに批判的な政府と正式に同盟を結ぶダブルゲームを行っている一方で、軍政との外交的接触をますます正常化しているようだ。このアプローチは、拷問、殺人、強姦などの継続的な人道に対する罪に対するミャンマー軍政の責任を問う国際社会の努力を損なうリスクがある。

5月、外務省は、任命を拒否すると日本人をミャンマーに危険にさらし、軍政との「実用的なつながり」が必要であると主張し、5人の軍政に任命された外交官5人を受け入れたと伝えられている。これは、日本政府が、民主的な選挙を覆し、無選挙の政権を設置する軍の動きを正当化するリスクがあるという理由で、クーデター以来任命された外交官の受け入れを拒否したことを考えると、大きな転換だった。

11月、日本財団の佐川洋平会長と日本のミャンマー国民和解担当特使が、軍政長のミン・アウン・フライン上級将軍と会談し、「ミャンマーの現状と和平プロセス、そして日本の対日支援」について話し合ったササカワは以前、軍に標的制裁を加えることについて懸念を表明し、そうすることは「中国の影響力を高める」と主張した。

林義正外相は、佐川の訪問は個人的な能力であると主張したが、独立系の地元メディアは、それを「日本の特使」と表現して、そのように解釈しなかった。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが入手した協会が配布した会員限定ニュースレターによると、元閣僚で日本ミャンマー協会理事の渡辺秀夫氏も、クーデター以来2回ミン・アウン・フラインを訪問している。渡辺は、日本企業がミャンマー、特にティラワ経済特区に投資することを奨励する第一人者です。

9月のミャンマー訪問を思い出し、渡辺はミン・アウン・フラインが6月の議会決議に「非常にショックを受けている」と述べた。渡辺氏はこれに共感し、この決議を「介入主義者」「非常に残念」「哀れ」と表現した。当時の茂木敏光外相も渡辺の旅行を私的だと述べたが、ミン・アウン・フラインが彼の訪問をそのように見たと信じるのはナイーブだろう。

渡辺氏はニュースレターで、ミン・アウン・フラインは、タトマドーとして知られる日本軍との間の「窓」として彼を「信頼」していると主張した。渡辺氏はまた、クーデター前に日ミャンマー政府が議論した、文元の新経済特区に対する日本政府の立場を「再び」最高司令官に伝えたと述べた。記事は、ミン・アウン・フラインが再びプロジェクトを「承認」したと述べた。

 

Hideo_watanabe_march_2020.Png

Hideo Watanabe, the chair of Japan-Myanmar Friendship Association, meets with Min Aung Hlaing in March 2020 (Min Aung Hlaing’s Website) 

日・ミャンマー友好協会会長の渡辺英夫氏が2020年3月、ミン・アウン・フライン氏と会談(ミン・アウン・フラインのウェブサイト)

ミャンマー軍や政府との接触が強い日本人が私的な能力で行動しているという日本政府の主張は新しいものではありません。

2018年、元日本外交官の大島健三は、ラカイン州の民族ロヒンギャに対する軍の民族浄化キャンペーンを調査するミャンマー国内委員会の一員でした。日本の外務省は、委員会の創設を歓迎していた。ヒューマン・ライツ・ウォッチが、ミャンマー政府が2012年から8回同様の委員会を創設し、重大な虐待に対する説明責任につながらなかったという証拠を提示すると、外務省当局者は彼が個人的な能力で参加したと主張して、大島から距離を置いた。

ササカワと渡辺が提唱した同省当局者は、対話だけでミン・アウン・フラインのテロ支配を封じ込めることができると考えているのは明らかだ。彼らの集団的認知的不協和は、日本のミャンマーへの大きな経済投資と中国の影響力を封じ込めるという包括的な懸念を考えると、おそらく避けられない。

しかし、何もなければ、外務省は彼ら自身の1つに耳を貸すべきです。

今年初めのインタビューで、日本の樋口立駐ミャンマー大使は、2014年から2018年までの在任中にミン・アウン・フラインの「自然」を読むことができなかったことに恥ずかしさを表明した。日本に「楽観的で幻想的な仮定を取り下げろ」と忠告し、日本は軍に対する制裁を主張し、ミャンマーの人々の命を救い、苦しみを和らげることを優先すべきだと主張した。

樋口氏はまた、外務省とササカワの「だが中国はどうなるか」をばらばらにし、「状況は単純ではない」とし、「軍は中国が唯一の選択肢である状況になりたくない」と述べた。

日本は、このダブルゲームをやめ、同盟国と協力して、継続的な非人道的ODAプログラムを停止しながら、タトマドーとその経済的利益に対して迅速に標的制裁を課すべきである。佐川と渡辺は、ミン・アウン・フラインのコッドをやめ、代わりに政治的資本を使って、抗議者に対する暴力を止め、人権を尊重し、細断した民主主義システムを回復するよう要求すべきである。

葛西哲帝はヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア部門のプログラム・オフィサーです。

Rishabh

私は時間の経過とともに自分自身のより良いバージョンになることを目指している人です。 MS Excel、コミュニケーション、人前で話す、ソーシャルメディアマーケティングに熟練していることに加えて、マーケティングは私が楽しみにしているものであり、さまざまな個人にデジタルおよび非デジタルでのマーケティングに関するさまざまなヒントやコツを与えてきました。 また、私は音楽が大好きで、私も上手に歌えると言われています。 [email protected]
Back to top button