健康

日本はアストラゼネカ、モダーナCOVID-19ワクチンにグリーンシグナルを与える| 世界のニュース

東京:日本政府は金曜日(5月21日)に、アストラゼネカとモダーナの大手製薬会社が開発したCOVID-19ワクチンをさらに2つ、国のワクチンポートフォリオに追加することを承認したと京藤ニュースは報じた。

専門家は木曜日(5月20日)に会合し、海外のデータに加えて、日本自身の臨床試験のデータを評価しました。

NHKワールドによると、彼らは2つのワクチンの有効性を確認し、今日、保健大臣はそれらを公式に承認することができた。

18歳以上の人が対象となる可能性があります。 しかし、当局は、まれな血栓のリスクがあるため、後でアストラゼネカワクチンの最低年齢制限を推奨する場合があります。

EUの麻薬規制当局は、若者がそれらを発症する可能性が高いことを示すデータを公開しました。

Modernaワクチンは、来週の月曜日(5月24日)に東京と大阪で開かれる可能性のある大規模なワクチン接種サイトで投与される予定です。

しかし、アストラゼネカワクチンは、まれな血栓のため、当面は公的な予防接種プログラムで使用されません。

保健省は、どの年齢層にアストラゼネカワクチンを接種できるかを慎重に決定することを計画しています。

現在、日本の法律では国内での臨床試験が義務付けられているため、ファイザーワクチンのみが使用されています。

接種は2月に最前線の労働者に対して開始され、その後4月に高齢者を含むように拡大しました。

日本の人口の5パーセント未満が少なくとも1回の投与を受けており、他のG7諸国よりもはるかに低い割合であるとさらに報告されています。

菅義偉首相は、パンデミックへの対応に対する批判のなかで国民の支持を失い、1日100万発まで増加し、7月末までに高齢者への接種を終了することを誓ったと新華氏は報じた。

日本では、木曜日に5,700以上の新たな感染が報告され、100人以上が死亡しました。

Back to top button