健康

日本のCOVID-19ワクチン大臣は次の首相になるために強力な国民の支持を得ます| 世界のニュース

東京:日本の有権者は、COVID-19との戦いを担当する河野太郎大臣が次期首相になることを強く支持している、とセカンドオピニオン世論調査は月曜日(9月6日)に述べた。パーティ。

菅義偉首相の辞任を発表した金曜日の衝撃的な発表は、9月29日に設定された与党自民党(LDP)のリーダーシップレースを混乱に陥れ、多数の候補者がトップの仕事を争うことになった。

自民党の多数派は、勝者が首相になることを保証している。

読売新聞の毎日の調査によると、回答者の23%が、ワクチン担当大臣の河野が引き継ぐのに最も適した人物であると述べた。これは、河野を支持する31.9%の日曜日の世論調査と同じである。

河野首相は石破茂前国防相を21%上回った。 すでに正式に立候補を発表している岸田文雄前外相は12%で引きずった。

ジョージタウン大学で教育を受け、英語を流暢に話す元外務・国防相の河野氏は、2か国語でソーシャルメディアを積極的に利用し、若い有権者の間で人気を博しており、日本語で230万人のフォロワーがいます。ページだけ。

河野首相は長い間首相候補として支持されており、就職を希望することを秘密にしていないが、党の長老たちは彼の率直さと異端者としての評判を警戒している。 他の人は彼がまだ仕事には若すぎると感じています。

しかし、週末に、あるテレビネットワークは、河野が菅の支持を得たと報告した。

現時点では明確なフロントランナーがいないため、菅の前任者である安倍晋三の行動が注目されています。 安倍首相は昨年、体調不良で首相を辞任したが、党の2大派閥や保守的な議員の間で影響力を維持している。

日本のメディアは、安倍首相が日本初の女性首相になることを望んでいる元内務大臣の高市早苗を支援すると報じた。

しかし、月曜日の読売新聞の調査では、高一は3%とひどく後れを取っています。これは、安倍自身のすぐ後ろの5%です。

また読む:今日のアフガニスタンからの撤退について議員に演説する英国首相ボリス・ジョンソン

生放送

Back to top button