健康

日本の首相候補岸田は経済刺激の議論を遅らせたい| 世界のニュース

東京:菅義偉首相の後任候補である岸田文雄氏は日曜日(9月5日)、彼が提案した経済刺激策への資金提供に関する議論は今年後半の総選挙後まで待つべきだと述べた。

前外相の発言は、先週の菅首相の突然の撤退後、首相選挙運動中に経済政策が行き詰まっており、来年度の予算編成が遅れるリスクが高まっていることを強調している。

岸田氏はテレビ番組で、「刺激策の全体的な方向性を示すが、政府が計画の詳細を要約するのは容易ではないだろう」と述べた。

「パッケージに資金を提供する方法は…総選挙が終わったら議論されるものになるでしょう。」

また読む:タリバンが空中で発砲し、カブールでのアフガニスタン女性の抗議を突然終わらせる

金曜日の意外な発表で、菅氏は与党自民党(LDP)の党首として再選に立候補しないと述べた。 自民党が過半数を占めるため、党首が首相に就任する。

今や広く開かれている自民党の勝者は、11月28日までに総選挙を呼び出さなければならない。

岸田氏は、日本の第4波で急増しているコロナウイルスの大流行からの打撃を和らげるために、数十兆円(数千億ドル)相当の支出パッケージをまとめると述べた。

総選挙のタイミングは、予算案作成の手続きや追加のパンデミック救済支出計画に影響を与える可能性があります。

政府は通常、数ヶ月の準備の後、12月下旬に予算を作成し、会計年度の4月の開始前に制定のために1月に議会に提出します。

また読む:ニュージーランドはナイフ攻撃者の身元を明らかにし、彼を数回国外追放しようとした

生放送

Back to top button