日本の菅義偉首相がジョー・バイデン大統領との中国に焦点を当てた会談のために米国に到着| 世界のニュース

ワシントン:菅義偉首相が木曜日(4月15日)にワシントンに到着し、ジョー・バイデン米大統領との会談で、両国が中国の経済的および軍事的影響力の高まりに懸念を抱いているときに、両国の安全保障同盟の強さを示すことを意図した。

金曜日(4月16日)の会談は、バイデンが就任して以来初めての外国人指導者との対面会議であり、ドナルド・トランプ前大統領の政権下での日米同盟の4年間の不確実性に続くものです。

日本の外務省は、菅は同盟の強い絆を再確認し、民主的価値を擁護し、中国の増大する世界的影響力と紛争地域の主張に対抗するための多国籍の努力について話し合うことを望んでいると述べた。

バイデン大統領との信頼関係を築き、自由、民主主義、人権、法の支配という普遍的な価値観に縛られた日米同盟をさらに強化したい、と菅氏は木曜日(4月15日)に記者団に語った。国際空港。

菅氏は、バイデン氏と「政策を比較・調整し、自由で開かれたインド太平洋地域の実現に向けた日米のリーダーシップを世界に示す」と述べた。

日本の当局者は、バイデンと菅は、緊張が高まっている台湾海峡を含む地域の海の平和と安定をどのように管理するかについて話し合うことが期待されていると述べた。

両首脳はまた、香港と中国の新疆ウイグル自治区北西部の人権状況について話し合うことが期待されている。

日本は中国の人権侵害の申し立てに対してより穏やかなアプローチを取り、制裁を課すために米国とヨーロッパの国々に加わっ​​ていません。

与党議員で元国防相の中谷元氏は、無党派の院内会派を率いて、菅政権に制裁など、西側の民主主義に沿ったより厳しい措置をとるよう求めているが、決定は下されていない。

日本は、この地域で拡大している中国の軍事活動とその広範な領土主張が安全保障上の脅威であると考えています。 日本自体は、東シナ海にある中国の釣魚島と呼ばれる、日本が支配する尖閣諸島に対する北京の主張をめぐって、中国との論争に巻き込まれている。

他の場所では、中国が南シナ海で主張している紛争地域に軍事施設を建設しているため、東京は懸念を持って監視してきました。

一方、米国は、コロ​​ナウイルスのパンデミック、人権、香港、新疆ウイグル自治区、チベットでの中国の政策、貿易など、多くの問題で中国と首を突っ込んできました。

南シナ海に対する中国の主張を侵食するために、米国の船は定期的にいわゆる? 航行の自由? 中国が自国と主張しようとしている公海への航海。
中国はそれが膨張主義者であることを否定し、その領土権を擁護しているだけだと言っています。 それは、米国の地域の平和と安定に対する最大の脅威であると言っています

また、バイデンと菅の間の交渉のカードには、パンデミックとの継続的な戦い、発展途上国を支援するためのCOVID-19ワクチン協力、中国への依存度の低いサプライチェーンの確立、および気候変動があると日本の当局者は述べた。

2050年までにカーボンニュートラルな社会を実現することを目標としている菅氏は、米国の指導者が会議のわずか1週間後に仮想気候変動サミットを主催する際に、バイデンと緊密に協力してこの問題に取り組む国際的な取り組みを共同で主導したいと述べた。 。

生放送

Exit mobile version