健康

日本の汚染された排水について懸念している韓国、米国は自信を持っている| 世界のニュース

ソウル:韓国は、米国の気候特使ジョン・ケリーを訪問して、不自由な福島原子力発電所から汚染された水を海に放出するという日本の決定に懸念を表明したが、ケリーは計画の透明性に対するワシントンの信頼を再確認した。

ケリーは土曜日(4月17日)にソウルに到着し、4月22〜23日の気候変動に関する世界の指導者とのジョーバイデン大統領の仮想首脳会談に先立つ中国での立ち寄りを含む旅行で地球温暖化に取り組む国際的な取り組みについて話し合った。

韓国の鄭義溶外相は、ケリー氏との夕食会で、福島の計画に対する国の抗議の背後にある支持を集めようとしたと述べた。 この計画では、2011年に地震と津波で破壊された工場から100万トン以上の水が日本の東海岸沖の近くの海に排出される予定です。

ソウルはこの決定を強く非難し、外務省は日本大使と文在寅大統領を召喚し、当局に国際裁判所への請願を検討するよう命じた。

同省は声明のなかで、「鄭長官は、日本の決定に対する政府と国民の深刻な懸念を伝え、日本がより透明で迅速な方法で情報を提供するために、米国側に関心と協力を求めた」と述べた。

しかし、ケリー氏は日曜日のメディア円卓会議で、東京は透明性のある方法で決定を下し、適切な手続きを継続すると述べた。

「米国は、日本政府がIAEAと非常に完全に協議していると確信している」と彼は国際原子力機関に言及して言った。

「IAEAは非常に厳格なプロセスを設定しました。日本がすべての選択肢と効果を比較検討し、決定とプロセスについて非常に透明性が高いことを私は知っています。」

元米国務長官は、ワシントンは「すべての国と同様に、公衆衛生上の脅威がないことを確認するために」日本の実施を注意深く監視すると付け加えた。

韓国の外交部は、チョン氏とケリー氏も協力して、2050年までにカーボンニュートラルを達成するための国際協力を強化することに合意したと述べた。これは韓国、ヨーロッパなどが約束した目標である。

ケリー氏は円卓会議で、バイデンは、電力イニシアチブの刷新や再生可能エネルギーへの移行の加速など、中国を含むより野心的な温室効果ガス排出目標への取り組みを各国に促すことを目的としていると語った。

米国は今週、2030年の独自の新しい排出目標を発表する予定です。

「韓国は野心的な目標を設定し、韓国は多くのことをしようとしていると思う。それはどの国にとっても容易ではない」とケリー氏は語った。 「私たちはもっと賢くする必要があるので、追加のステップが可能だと思いますか?起こり得ることがいくつかあると思います。」

生放送

Back to top button