日本、米国の中国に対する協力は、台湾の平和と安定の重要性に同意する| 世界のニュース

ロンドン:アントニー・ブリンケン米国務長官と茂木敏充外相は、中国との協力を強化することで合意し、自由で開かれたインド太平洋を実現するための同盟関係をさらに強化することを約束した。

共同通信は、G7外相会談前の月曜日(5月3日)にロンドンで両首脳会談が行われたと報じた。

ブリンケンとモテギは、両国が東シナ海と南シナ海で現状を強制的に変更しようとする中国による一方的な試みに反対すると述べた。」モテギとブリンケンはまた、中国について話し合った。

彼らは、東シナ海と南シナ海の現状を変える一方的な試みに反対することに合意した。

彼らはまた、新疆ウイグル自治区の人権状況についての懸念を共有した。 また、台湾海峡全体の平和と安定の重要性についても合意した」と述べた。

両首脳はミャンマーと北朝鮮についても話し合った。 驚いたことに、会議の読み上げの米国版では、国務省のプレスリリースに中国についての言及がありませんでした。

先週の金曜日(4月30日)、日本の自衛隊と米軍の最高幹部は、東シナ海の現状を変えようとするいかなる試みにも断固として立ち向かうことに合意した。

ハワイで会った自衛隊統合参謀本部長の山崎幸二氏は、中国の軍事活動が活発化する中、インド太平洋地域の状況について話し合った。

これらの最近の二国間会談は、米国のジョー・バイデン大統領と日本の菅義偉首相との最初の直接会談を背景にしています。

バイデン大統領は先月、日米同盟に対する「装甲艦」の支持を確認し、自由で開かれたインド太平洋の未来を確保するために、両国が協力して中国が提起する課題に取り組むことを約束していると述べた。

生放送

Exit mobile version