健康

数十人のアメリカ人を含む約1,000人がタリバンの飛行許可を待っている:報告| 世界のニュース

ワシントン:米国または他の国のためにビザを保持している数十人のアメリカ人とアフガニスタン人を含む約1,000人が、国外へのフライトのためのタリバンの許可を待っている間、日曜日の5日間アフガニスタンで立ち往生したままだったとニューヨークタイムズは報じた。

新聞は、マザリシャリフの北部の都市の国際空港から出発することを望んでいる人々が直面している状況は、米軍が撤退する前にタリバンが首都を占領した後、カブールからの飛行機に乗ることができなかった数千人の状況を反映していると報じた。

米国下院外交委員会の上級共和党員、マイク・マコールは「フォックス・ニュース・サンデー」に、6機の飛行機がマザリシャリフ空港でアメリカ人とアフガニスタンの通訳を乗せて立ち往生していたと語った。タリバンから許可を得た。

タリバーンは乗客を「要求のために人質」にしたと彼は言ったが、複数の報告がマコールの声明に異議を唱えた。

マコール氏は、タリバンはフライトを承認するために「何かと引き換えに」を望んでおり、彼らは「アメリカ合衆国からの完全な承認」を求めていると信じていると述べた。

避難活動に精通しているある人は、乗客を「人質」として特徴づけることは正しくなかったとロイターに語った。
ニューヨークタイムズ紙は、カタールの避難飛行の主催者が、マザリシャリフの飛行機は必要な許可を受けており、タリバンの最終承認を待っていると述べたと報じた。

「タリバーンは飛行機を人質に取っていない」と、飛行の組織化に関与した元米海兵隊の専攻であるエリック・モンタルボは言ったと述べた。

米国務省のスポークスパーソンは、チャーター便の基本的な詳細を確認するための信頼できる手段がないと述べたが、「私たちは、人々が自由にできるようにすることを誓約します。アフガニスタンを出発します。」

以前、別の共和党の米国下院議員、マイク・ウォルツは、アメリカ人と危険にさらされているアフガニスタン人を避難させるためにチャーター便を片付けようとしていると彼が言った非政府組織と協力するよう国務省に呼びかけた。

アントニー・ブリンケン国務長官への手紙の中で、ワルツはいくつかのNGOから、「利用可能で、資金があり、飛ぶ準備ができている」チャーター便が明示されていると言われたと述べた。

生放送

Back to top button