ビジネス世界健康市場調査理科

打ち上げ範囲には需要の増加を支えるスペアパーツが不足している

オーランド、フロリダ州 – 宇宙軍は、東と西部の山脈からの打ち上げをサポートするために必要な機器の多くのためのスペアパーツを欠いています, 両方の宇宙港での打ち上げ活動が増加するにつれて大きく迫る可能性のある問題.

国防総省の1月7日監察官室が発表した報告書によると、フロリダ州ケープカナベラル宇宙軍基地の東部山脈とカリフォルニア州のヴァンデンバーグ宇宙軍基地の西部航続距離は、打ち上げを支援するために老朽化した機器に頼り続けており、場合によってはeBayのような市場に頼ってスペアパーツを見つけることを余儀なくされている。

レビューでは、レーダー、アンテナ、打ち上げをサポートするために必要なコマンド破壊システムなどの様々な範囲のアイテムのうち、28%がそれらのアイテムが時代遅れであったため、スペアパーツを欠いていたことがわかりました。これには、もはや製造されていない機器が含まれており、時には企業からは廃止されています。

報告書は、1967年に最初に運用された西部航続距離帯のテレメトリアンテナの一例を指摘した。メーカーが営業を終了したため、サービスにはもうスペアがありませんでした。「宇宙軍によると、潜在的なミッションインパクトと利用可能なスペアを持たない範囲アイテムの平均年齢は30年以上前でした」と、レポートは述べました。

「ヴァンデンバーグへのサイト訪問中に、レポートは、「範囲アイテムのメンテナンスを担当する複数の人員は、eBayなどの再販サイトからいくつかのコンポーネントのスペアパーツを検索する場合があると述べた」と付け加えました。

レンジメンテナンスの問題は、近年、どちらの範囲でも打ち上げの大きな問題ではありませんでした。報告書は、2016年1月から2021年3月の間に、通信回線を損傷し、打ち上げを延期したヴァンデンバーグの山火事以外の打ち上げスクラブを引き起こした範囲の問題の例は見つからなかった。

しかし、監察官の報告書は、打ち上げ活動の急増が予測され、その範囲に「時代遅れのコンポーネントを持つ老朽化した範囲のアイテムが打ち上げ能力を制限するリスクが高まる」と警告した。報告書に含まれる宇宙軍の予測では、東部山脈での打ち上げ数は2022年の57回から2027年には119回に増加し、商業活動によってほぼ完全に増加すると予測されている。ウエスタンレンジは、商業活動のため、2022年の23回から2027年には38回に増加すると予測されています。

そのリスクを軽減する1つのアプローチは、従来の航続距離安全システムの代わりに打ち上げ車両に自律飛行安全システム(AFSS)を使用し、誤動作が安全を脅かす場合に打ち上げを終了できることです。東部航続距離を運営するスペース・ローンチ・デルタ45は報告書の中で、AFSSのない車両の最近の打ち上げには29の範囲品目が必要だったが、AFSSを搭載した車両は6つしか必要としないと指摘した。宇宙軍は、2025年10月までにAFSSを使用するために、範囲から打ち上げるすべての車両を必要とします。

現在および将来の宇宙港の組織であるグローバル・スペースポート・アライアンスの年次総会で1月10日に行われた講演で、スペース・ローンチ・デルタ45のオペレーション担当副司令官であるマーク・シューメーカー大佐は、この範囲は、連邦航空局のような打ち上げ会社や他の組織と協力して、その増加した打ち上げ需要に対処するために取り組んでいると述べた。 起動回数を最大化し、起動のスケジュールに必要な事前通知を減らす方法について説明します。

「結局のところ、私たちは皆、スループットを最大化し、ミッションの成功を最大化し、範囲内のすべてのアクターの機会を最大化するという同じ目標に向かって取り組んでいます」と、彼は言いました。この2、3年は、料金が上がったので成功しています。

しかし、そのアプローチはここまでしか行かないだろう。「ある時点で、現在の構造と現在の機関の中で、我々は限界に達するだろう」と彼は警告した。「その限界がいつどこであるのか分からないし、目の前に来るまで打ったかどうかは分からないが、何が何なのかを理解しようとしている」

宇宙軍は、報告書の中で懸念に対処するための範囲近代化の取り組みに取り組んでいます, 未来の範囲と呼ばれるプロジェクト.「それは不幸な名前です」と、グローバル宇宙港同盟会議で、パトリック宇宙軍基地の宇宙システム司令部の打ち上げと範囲操作の副ディレクター、ジェームズ・ホーン大佐は言いました。「私たちは、それが『今の範囲』だと信じています。現在の急増を実現するために、非常に多くのことを行いました。

「まだやるべきことがたくさんある」と彼は付け加えた。

Rishabh

私は時間の経過とともに自分自身のより良いバージョンになることを目指している人です。 MS Excel、コミュニケーション、人前で話す、ソーシャルメディアマーケティングに熟練していることに加えて、マーケティングは私が楽しみにしているものであり、さまざまな個人にデジタルおよび非デジタルでのマーケティングに関するさまざまなヒントやコツを与えてきました。 また、私は音楽が大好きで、私も上手に歌えると言われています。 [email protected]
Back to top button