健康

少なくとも115,000人の医療従事者がCOVID-19で死亡しました:WHOのチーフTedros Adhanom Ghebreyesus | 世界のニュース

ニューデリー:パンデミックが始まって以来、少なくとも115,000人の医療従事者がCOVID-19で死亡した、と世界保健機関(WHO)の責任者は月曜日(5月24日)に述べ、すべてのワクチン接種の劇的な拡大を求めた。国。

世界保健機関の主要な年次総会の開会式で、テドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は、パンデミックと戦うために世界中の医療従事者が犠牲にしたことを歓迎しました。 「ほぼ18か月間、世界中の医療従事者が生と死の間の違反に立ち向かった」とWHOのテドロス事務局長は述べた。

「多くの人が自分自身に感染しており、報告は少ないが、少なくとも115,000人の医療従事者が他の人への奉仕において最終的な代償を払ったと推定している」と彼は述べた。

「COVID-19のパンデミックは、ワクチン配布におけるスキャンダラスな不平等によって永続化されている、とWHOのチーフは、最貧国の人々を保護するための新しい目標を設定したと述べた。 SARS-CoV-2ウイルスとその亜種が他の場所に蔓延している限り、ワクチン接種率に関係なく。

「世界は依然として非常に危険な状況にある」とテドロスは194の加盟国からの保健大臣の年次総会の開会式に語った。 「今日の時点で、2020年全体よりも今年これまでに多くの症例が報告されています。現在の傾向では、死亡者数は今後3週間以内に昨年の合計を上回ります。これは非常に悲劇的です」と彼は言いました。 。

彼は、すべてのワクチンの75%以上がわずか10か国で投与されたと述べました。

「それを言う外交的な方法はありません。世界のワクチンの大部分を製造および購入する国の小さなグループが、世界の他の地域の運命を支配しています。」

テドロス氏によると、WHOとGAVIワクチンアライアンスが運営するCOVAX施設は、2月以来125の国と経済に7,200万回のワクチン接種を行っています。

彼は、すべての国の人口の10%が9月までに、30%が年末までに接種されることを可能にするために、ワクチン用量をCOVAXに寄付するよう各国に促しました。 これは、わずか4か月でさらに2億5000万人に予防接種を行うことを意味したと彼は述べた。

「これは、病気と死を止め、医療従事者を安全に保ち、社会と経済を再開するために重要です」とテドロスは言いました。

テドロスはまた、ワクチン製造業者に対し、COVAXに新しい量のワクチンを拒否する最初の権利を与えるか、今年はその量の50%をCOVAXに委託するよう求めました。

(ロイター入力あり)

Back to top button