健康

合成農薬を禁止する最初のヨーロッパの国になる途中のスイス | 世界のニュース

チューリッヒ: スイスは、6 月 13 日の国民投票で人工農薬を禁止する最初のヨーロッパの国になる可能性があります。

スイスのシンジェンタやドイツのバイエル、BASFなどの農薬大手の製品の使用を禁止することを目指す支持者によると、世界的にブータンだけが合成農薬を完全に禁止している.

禁止の支持者は、人工製品が深刻な健康問題を引き起こし、生物多様性を減少させていると述べています。 製造業者は、自社の農薬は厳密にテストされ、規制されており、安全に使用でき、それらがなければ作物の収量は落ち込むと述べています。

同じ日に投票される別のイニシアチブは、家畜に人工殺虫剤や抗生物質を使用する農家への直接補助金を停止することにより、スイスの飲料水と食品の品質を改善することを目的としています。

スイスはイニシアチブを巡る異例の激しい論争によって激しく分裂しており、投票は間近に迫っているようだ。 最近のタメディアの世論調査では、有権者の 48% が飲料水イニシアチブを支持し、49% が農薬禁止を支持したことが示されました。

この提案が採用された場合、移行期間は最長10年であり、スイスはオーガニック食品のパイオニアになるだけでなく、世界の他の模範となる可能性があると、スイスのワインメーカー、ローランド・レンツ氏は語った。

「生命の根幹の一つであるきれいな水が危機に瀕している」と、51歳の有機農業者レンツは語った。彼のブドウ畑は、この取り組みに反対する農民たちに囲まれている.

スイスに本社を置き、中国化工集団公司が所有するシンジェンタは、両方のイニシアチブに反対し、禁止すれば農業の収量が最大 40% 減少すると述べている。

シンジェンタの広報担当者は、「それらを使用しないことの結果は明らかです。地域の製品が減り、価格が高くなり、輸入が増えることです。これは消費者の利益にも、環境の利益にもなりません」と述べました。

包囲下の生活

きれいな水のイニシアチブはまた、農家が輸入された動物飼料の使用をやめ、飲料水を汚染する可能性のあるスイスの牛、豚、鶏の数と、彼らが生産する肥料を制限することを求めています.

100万人のスイス人が汚染された水を飲んでいると見積もっているクリーンウォーターキャンペーンの支援者であるパスカル・シャイウィラー氏は、「人々はスイスでの農業のロマンチックなイメージを売りつけられてきたが、それは現実からかけ離れたものだ」と語った.

スイス農民組合は、組合員の多くが自分たちの生活が包囲されていると感じていると語った。

チューリッヒ農民協会のマーティン・ハーブ会長は、「アパートのベランダでトマトが2つ成長していれば、農業を理解できると都市に住む多くの人が考えている」と語った。

「200年前、私たちが動植物を保護することができず、スイスやヨーロッパ全土で飢えに苦しんでいたときを振り返ってみます」

チューリッヒ郊外で酪農場を経営しているマーティンの息子であるドミニクは、地方経済への影響は残酷であり、地元企業も飼料制限に従うために動物の数が減少することによって打撃を受けるだろうと語った.

しかし、ワインメーカーのレンツ氏は、殺虫剤を使い続けることは「まったくの狂気」であると言われている.特に、より厚い果皮で果物を栽培して、それらを真菌耐性にするなどの方法を使用することが可能だった場合はなおさらだ.

「両方のイニシアチブに賛成票が投じられれば、私たちはついに化学の時代から有機の時代に戻ることになる」と彼は語った。

また読む: 2021 年世界食品安全デー: WHO は、COVID-19 のパンデミックの中での食料安全保障の重要性を強調しています

Back to top button