健康

北極圏のノルウェーでの塩素漏れにより、10万匹近くのサケが死亡、調査が進行中| 世界のニュース

コペンハーゲン:近くのタンクの漏れが15,000リットル(4,000ガロン)の塩素を北極圏のノルウェーのフィヨルドに送ったときに、約96,000の養殖サーモンが死亡したと考えられています。 鮭の養殖会社GriegSeafoodのスポークスマンであるRogerPedersenは、リークはアルタの町にあるその魚の食肉処理場の1つで発生し、魚は当時近くの待機ケージにあったと述べました。

ペダーセン氏はノルウェーの放送局NRKに対し、「これを塩素漏れに結び付けている」と語り、同社は現在、死んだ魚を「責任ある方法で処理し、漏れが発生した理由を調査していた」と付け加えた。 塩素はと畜後の水を消毒するために使用されます。

ノルウェー北部の警察はツイッターで、「かなりの量の鮭が死んでいる」と述べ、漏れた液体が大西洋に流れ込んだと述べた。 警察のスポークスマンSteinHugo Joergensenは、陸上に有毒な塩素ガスの危険性はないとNRKに語った。 漏えいの原因については、まだ調査中です。

アルタは、ノルウェー北極圏で最大の都市であるトロムソの北東175 km(109マイル)に位置しています。

グリーグシーフードは、世界をリードする鮭養殖会社の1つであると自負しています。 ノルウェー、カナダ、英国のシェトランド諸島沖に農場があります。 本社はノルウェーのベルゲンにあります。

Back to top button