健康

先週報告された340万の世界的なCOVID-19症例、死亡と亜種の蔓延が増加している:WHO | 世界のニュース

ニューデリー:先月の着実な減少の後、新規コロナウイルスの症例数は急激に増加し、症例数は最大12%急増しましたが、世界保健機関(World Health Organisation)( WHO)は水曜日のレポートで言った。

毎週の更新で世界保健機関は、合計340万の新しい症例が報告され、その間に、前の週の40万症例と比較して、毎日平均49万症例が特定されたと述べました。 これは、新しいコロナウイルスが世界でより速く広がっていることを確認します。

WHOによると、過去1週間で最も高いコロナウイルス感染は、インドネシア、英国、ブラジル、インド、および米国で見られました。

また、憂慮すべき傾向として、死者数は増加しており、先週の死者数は57,000人と報告されており、総死者数は400万人をはるかに超えています。

COVID-19バリアントは、アルファバリアントが180の国、地域、または地域で存在するようになり、13の新しい国、地域、または地域でデルタバリアントの症例が報告されたため、進歩を続けています。

症例数の増加は、新しい亜種による感染の増加、COVID-19プロトコルの緩和、および一部の国での予防接種率の上昇にもかかわらず、依然としてコロナウイルスに感染しやすい膨大な数の人々に起因しています。

WHOは、2021年末までにすべての国の人口の少なくとも40%にワクチン接種することを約束するよう各国に促しました。世界で投与された30億回以上のワクチン投与のうち、貧しい国の人々に接種したのは約1%にすぎません。

生放送

Back to top button