健康

今後6か月でミャンマーで340万人が飢餓に苦しむ:世界食糧計画| 世界のニュース

ネピドー:世界食糧計画(WFP)によると、今後6か月以内に、340万人が空腹になり、軍事的乗っ取り前にミャンマーで食糧不安と見なされていた280万人を上回ります。

既存の貧困、COVID-19、および現在の政治危機の三重の影響により、ミャンマー全土で飢餓と絶望が急激に高まっています。

WFPは、今後6か月以内に、特に都市部の人々が最大340万人以上の人々が飢えていると推定しています。

「ますます多くの貧しい人々が職を失い、食糧を買う余裕がない」とWFPミャンマーのカントリーディレクター、スティーブン・アンダーソンは述べた。

「差し迫った苦痛を軽減し、食料安全保障の驚くべき悪化を防ぐために、今、協調した対応が必要です。」

軍事クーデターが起こって以来、少なくとも739人が殺害され、3,370人が拘留され、抗議行動中に1,099人の逮捕状が発行されたと政治囚支援協会は報告した。

2月1日、ミャンマー軍は文民政府を転覆させ、1年間の非常事態を宣言した。

クーデターは大規模な抗議行動を引き起こし、致命的な暴力に見舞われました。

生放送

Back to top button