健康

今年、メッカ巡礼のための外国人旅行者はいません。サウジアラビアは巡礼者の制限を60,000に削減します| 世界のニュース

ドバイ:サウジアラビアは、COVID-19のパンデミックに対応して、2年連続で毎年恒例のメッカ巡礼を自国民と居住者に制限しているとサウジアラビアの州報道機関(SPA)が土曜日に報じた。

イスラム教徒のメッカ巡礼を管理する省は、SPAの声明で、ウイルスの予防接種または予防接種を受け、慢性疾患のない18歳から65歳の人々だけが参加できると述べた。

また、一度に最大60,000人の参加者しか設定しませんでした。

「コロナウイルスに対する不確実性の中でメッカ巡礼の安全を保証するという決定がなされた」と、王国の保健相タウフィク・アル・ラビアは、SPAが行ったテレビの記者会見で述べた。

「ワクチンの入手可能性にもかかわらず、ウイルスには不確実性があり、一部の国では依然として多数のCOVID症例が記録されています。他の課題は、ウイルスのさまざまな亜種であるため、メッカ巡礼を制限する決定がなされました」とアルラビア氏は述べています。

情報筋は5月にロイター通信に対し、海外の巡礼者がメッカ巡礼を行うことを禁じる計画が検討されていたと語った。

パンデミックが世界的に社会的距離を置く前は、約250万人の巡礼者が、メッカとメディナのイスラム教の最も神聖な場所を1週間のメッカ巡礼のために訪れ、年間を通してウムラ巡礼を行っていました。公式データによると、年。

生放送

Back to top button