健康

中断されたModernaワクチンによるジャブの後に2人が死亡:日本政府| 世界のニュース

日本の保健省は土曜日に、Moderna IncのCOVID-19ワクチン接種を受けた後、2人が死亡したが、汚染物質の発見により、その後多くのワクチン接種が停止されたと述べた。

同省は発表の中で、30代の男性が2回目のモデルナ投与を受けてから数日以内に今月死亡したと述べた。 それぞれが木曜日に中断された3つの製造ロットのうちの1つからのショットを持っていました。 死因は調査中です。

日本は、国内の販売業者である武田薬品工業が一部のバイアルに汚染物質の報告を受けてから1週間以上後に、全国の863のワクチン接種センターに出荷された163万回分のModerna用量の使用を停止しました。

「現時点では、これらの死亡がModernaCOVID-19ワクチンによって引き起こされているという証拠はありません」とModernaと武田は土曜日の声明で述べた。 「何らかの関係があるかどうかを判断するために、正式な調査を実施することが重要です。」

政府はまた、安全性や有効性の問題は特定されておらず、3つのModernaバッチの停止は予防策であると述べています。

東京の聖路加国際病院の感染管理マネージャーである坂本文恵氏は、土曜日に報告された発砲と死亡者の関係を描くことに対して警告した。

「ワクチン接種と死の間には一時的な関係しかないかもしれない」と坂本氏はロイターに語った。 「これらの2つのケースについて結論を出すには、まだわからないことがたくさんあります。」

日本のいくつかのバイアルで見つかった汚染物質は金属粒子であると考えられている、と公共放送NHKは保健省の情報源を引用して報告した。

日本は1億2400万回以上のCOVID-19ワクチン接種を行っており、人口の約44%が完全に接種されています。

保健省によると、8月8日現在、ファイザー社のワクチン接種後に991人が死亡し、モダニナのワクチン接種後に11人が死亡したが、注射と死亡の因果関係は確立されていない。 モデルナショットでは、0.01%の頻度で副作用が報告されています。

土曜日に報告された死亡者では、各男性は2回目の投与の翌日に発熱し、発熱の2日後に死亡しました。 保健省当局者は記者団に、彼らのショットに汚染物質が含まれているという証拠はない、と語った。

Back to top button