健康

中国2020年国勢調査は、一人っ子政策以来、人口増加が最も遅いことを示しています。 世界のニュース

北京:1950年代にさかのぼる公式記録では、2020年までの10年間の中国の人口増加は最小に落ち込み、より多くの子供を産むためのカップルへのインセンティブを高め、不可逆的な減少を回避するよう北京に圧力をかけました。

1970年代後半に一人っ子政策が導入されて以来、成長は鈍化しており、火曜日に発表された国勢調査の2020年の結果は、中国本土の人口が5.38%増加して14.1億人になったことを示しています。

これは、2010年の国勢調査で5.84%増加して13.4億になり、1953年にさかのぼる中国の過去6回の公式人口調査すべてで2桁の割合が増加したことと比較されます。

この数字は、中国が2020年までに人口を約14.2億人に増やすという、2016年に設定した目標をわずかに逃したことを意味します。2016年、中国は、当時人口爆発を止めるために最初に課された一人っ子政策を2人の子供に置き換えました。制限。

ここ数ヶ月、中国のマスメディアは、人口が今後数年で減少し始めるかもしれないと言って、見通しについてますます暗いです。 国連は、中国本土に住む人々の数は、減少する前に2030年にピークに達すると予測しています。

しかし、4月下旬、フィナンシャルタイムズ紙は、この問題に精通している身元不明の人々を引用して、人口は実際には前年から2020年に減少したと述べました。

2020年の数値は、昨年2月に発表された小規模な公式調査で推定された2019年の14.005億を実際にわずかに上回っていました。 中国は、経済成長を後押しし、繁栄を促進しようとしているため、人口増加を長い間懸念してきました。

国勢調査データの明るい点の1つは、若者の割合が予想外に増加したことです。2020年の人口の17.95%は、2010年の16.6%に対して、14歳以下でした。

出生率の低下

2016年から2019年にかけて、2016年を除いて、年間出生率はほぼ低下しました。中国は2020年の出生率をまだ開示していません。

「出生数の急激な減少は確かなことであり、あらゆる種類の証拠がこの主張を裏付けている」と、北京に本拠を置くシンクタンクである中国グローバル化センターの人口統計学専門家である黄文成氏は述べた。

「中国が出生数の大幅な減少に直面していると判断するのに、公表された国勢調査データは必要ない」とファン氏は述べた。 中国の人口が2020年に減少しなかったとしても、専門家は「2021年か2022年、あるいはすぐにそうなるだろう」と述べた。

都市部のカップル、特に1990年以降に生まれたカップルは、子供を産むという親の圧力にもかかわらず、家族を育てるよりも自立とキャリアを大切にしています。 中国の大都市での生活費の高騰は、人口が多いために赤ちゃんの膨大な供給源であり、カップルが子供を産むことを思いとどまらせています。

州のシンクタンクによる2005年の報告によると、中国の普通の家族が子供を育てるには49万元(74,838ドル)の費用がかかりました。 2020年までに、地元メディアは、コストが199万元にまで上昇したと報告しました。これは2005年の4倍です。

「子供を持つことは、私の年齢の女性のキャリア開発に壊滅的な打撃を与えます」と、昨年4月に結婚した上海の26歳の保険専門家であるAnnieZhangは言いました。

「第二に、子供を育てる費用は(上海では)法外だ」と彼女は2020年の国勢調査が発表される前に行われたコメントの中で述べた。 「あなたは出産直後に自由に別れを告げます。」

生放送

Back to top button