健康

中国はCOVID-19の起源を研究するWHO計画に「ショックを受け」、提案を拒否しました| 世界のニュース

北京:中国は木曜日に、コロナウイルスの起源に関する調査の第2段階に関する世界保健機関(WHO)の計画を拒否しました。これには、中国の研究所から逃れた可能性があるという仮説が含まれています。

WHOは今月、武漢市の研究所と市場の監査を含む、中国におけるコロナウイルスの起源に関する研究の第2段階を提案し、当局からの透明性を求めた。

国家衛生委員会(NHC)のZeng Yixin副大臣は記者団に対し、「ある面では常識を無視し、科学に逆らうため、このような起源追跡計画は受け入れない」と述べた。

曽氏は、WHOの計画を最初に読んだとき、中国の実験プロトコル違反が研究中にウイルスを漏らしたという仮説が記載されているため、驚いたと述べた。

「WHOが中国の専門家による考察と提案を真剣に検討し、COVID-19ウイルスの起源追跡を科学的な問題として真に扱い、政治的干渉を取り除くことを望んでいる」とZeng氏は述べた。

中国は研究の政治化に反対したと彼は言った。

ウイルスの起源は専門家の間で争われたままです。

最初の既知の症例は、2019年12月に中国中部の武漢市で発生しました。ウイルスは、市の市場で食品として販売されている動物から人間に感染したと考えられていました。

5月、米国のジョー・バイデン大統領は、米国の諜報機関が中国での実験室事故の可能性を含む可能性のあるライバル理論を追求していると述べ、起源に関する質問への回答を見つけるよう補佐官に命じました。

曽は記者会見で他の当局者や中国の専門家とともに、WHOに中国を超えて他の国に起源追跡の取り組みを拡大するよう促した。

WHO共同専門家チームの中国チームリーダーであるLiangWannianは、次のように述べています。

しかし、梁氏は、ラボのリーク仮説を完全に無視することはできないと述べたが、証拠が正当である場合、他の国々がラボからリークした可能性を調査できると示唆した。

Back to top button