健康

中国は軍事力を行使したことで日本を激しく非難し、台湾をめぐる地域の緊張をかき立てる| 世界のニュース

北京:中国外務省は、岸信夫国防長官に対して、台湾に近い日本本土の最南端にある南星諸島が懸念材料であり、北京はその領土を保護し、東京は過度に拡大すべきではないと述べた。

中国外務省のスポークスマン、趙立堅は金曜日(5月21日)に、日本は中国に対して「誤った情報と誹謗中傷をやめるべきだ」と述べた、とサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は報じた。

「日本の無責任な発言は、軍事競争を引き起こし、地域の緊張をかき立て、軍事対立を引き起こし、台湾問題に干渉している」と趙氏は述べた。

彼は台湾での干渉に対して警告しました、自治の島北京は必要ならば力でその折り畳みに戻すことを誓います。

「日本は常に軍国主義の古い夢に取りつかれている少数の軍隊を持っていて、彼らは台湾を手に入れようとしている」と趙は言った。

「安全保障と領土保全を守るという私たちの意志は岩のように堅固であり、日本は手を伸ばしすぎてはならないことを日本側に伝えなければならない。」以前、水曜日(5月19日)の日経新聞とのインタビューで、日本の岸大臣は、国が北京の増大する軍事力に対抗するために「根本的に異なるアプローチ」をとることができると述べた、とSCMPは報告した。

日本の国防長官は、中国の軍隊に対抗するために、国が軍事費の1パーセントのGDP上限を廃止するかもしれないと言いました。

岸氏は、日中の軍事バランスは「近年、中国に大きく傾いており、その差は年々拡大している」と述べた。

「日本を取り巻く安全保障環境は急速に変化しており、不確実性が高まっている。私たちは国を守るために必要な資金を適切に配分する」と彼は述べた。

SCMPで書いているローラ・チョウは、岸は、日本で琉球として知られ、日本本土の最南端から台湾に伸びる南星諸島が主要な関心領域であると述べた。

戦時中の歴史と東シナ海の一連の小島をめぐる領​​土問題によってすでに複雑化した日中関係は、先月、菅義偉首相と米大統領ジョー・バイデンが共同声明を発表したとき、さらに緊張した。台湾海峡の平和。

それは1969年以来の共同声明の中で自治島の最初の言及でした。

声明の中で、日本はまた、「同盟と地域の安全をさらに強化するために」防衛を強化することを約束した。日本は、自衛隊、国内の米軍基地、弾道ミサイル防衛と宇宙の開発のための人員に多額の費用を費やしてきた。開発が、その平和主義憲法は、その軍隊が国際紛争を解決するために力を使用することを禁じている、とローラは書いた。

北京の清華大学の日本問題専門家である劉江永氏は、岸氏の発言は憲法改正を推進するための「試練の風船」である可能性があると述べたが、軍事費がすぐに4〜5パーセントに増加する可能性は低いとSCMPは報告した。

「しかし、注目に値するのは、いわゆる防衛予算は日本を防衛するためだけでなく、攻撃がない場合でも日本軍が日本軍に投資するように、その一部が米国主導の世界的な軍事戦略に投資されることです。 、米国に加わり、海外で戦う可能性があり、それはまた、いわゆる防衛インプットを高める」と述べた。

日本は、米国、オーストラリア、インドとのクワッド同盟の下で協力を推進することに積極的であり、北京はこの地域における中国の影響力に対抗する努力の一環と見なしている。 岸氏は「クワッド国防相会議」に賛成だと述べた。

Back to top button