健康

中国は台湾問題をめぐって日本を核兵器にすると脅迫している、と主張報告| 世界のニュース

北京:中国共産党(CCP)は、中国の台湾の取り扱いに干渉した場合、核反応と「本格的な戦争」で日本を脅かすビデオを放映した。 CCPによって承認されたチャンネルに掲載されたビデオは、非核保有国に対して核兵器を使用しないという中国の政策の唯一の例外として日本を選び出したとフォックスニュースは報じた。

「最初に核爆弾を使用し、継続的に核爆弾を使用する」とビデオは述べた。

「日本が二度目の無条件降伏を宣言するまで、これを行う」とさらに述べた。

英文台湾日報によると、この動画は200万回再生された後、中国のプラットフォームXiguaから削除されましたが、コピーはYouTubeとTwitterにアップロードされました。

脅威は、2週間前に日本の当局者が台湾の主権について行ったコメントに続くものであり、麻生太郎副首相は、日本は「台湾を守る」必要があると述べた、とジャパンタイムズは報じた。

北京は、台湾の完全な主権を主張しています。台湾は、中国本土の南東海岸沖に位置する約2,400万人の民主主義国ですが、両国は70年以上にわたって別々に統治されてきました。

一方、台北は、米国を含む民主主義国との戦略的関係を強化することにより、中国の侵略に対抗してきました。 中国は「台湾の独立」は戦争を意味すると脅迫している。

昨年の9月中旬以来、北京は定期的に飛行機を台湾のADIZに送ることでグレーゾーン戦術を強化してきました。ほとんどの場合、ゾーンの南西隅で発生し、通常は1〜3機の低速飛行ターボプロップ機で構成されています。 。

Back to top button