健康

中国はリトアニアの使節を北京から台湾事務所に列をなして追放する| 世界のニュース

北京:中国は火曜日にリトアニア駐在大使を呼び戻し、自治台湾が自国の名前でリトアニアに事務所を開設することを許可するという国の決定について、バルト三国の最高代表を北京に追放した。

北京は台湾を外交承認の権利のない領土と主張しているが、台湾は米国と日本を含む事実上の大使館として機能する貿易事務所を通じてすべての主要国と非公式の関係を維持している。 中国の圧力により、台湾の正式な外交同盟国はわずか15に減少しました。

一方、台湾は火曜日、中国からの圧力を受けて、「チャイニーズタイペイ」からのエントリーが認められた後、ヴェネツィア映画祭の運営に抗議した。 この用語は、北京を怒らせないために他の国でよく使用されます。

台湾とリトアニアは先月、今秋に開設する予定の首都ビリニュスのオフィスに、チャイニーズ・タイペイではなく台湾という名前を付けることに合意した。

中国外務省の声明は、リトアニアに対し、誤った決定を直ちに是正し、被害を元に戻すための具体的な措置を講じ、誤った道をさらに下がらないように求めた」と述べた。

声明は、事務所の開設を許可した場合のリトアニアの「潜在的な結果」に言及しましたが、詳細は示されていません。

「また、台湾当局に対し、台湾の独立は行き詰まりであり、国際舞台での分離主義活動の試みは失敗する運命にあることを警告する」と声明は述べた。

リトアニア外務省は、中国の行動に遺憾の意を表明し、「一つの中国」の原則を尊重しつつ、世界の他の多くの国と同様に、台湾と相互に有益な関係を築く準備ができていると強調した。

台湾外交部のスポークスマン、ジョアン・オウは、彼女がリトアニアの「国家の尊厳と自由の概念を擁護するという確固たる意志」と呼んだものに敬意を表した。 「双方は、民主主義、自由、人権などの普遍的な価値観に基づいて、さまざまな分野での交流を強化し続けるだろう」とウー氏は述べた。

ワシントンでは、米国務省のスポークスマン、ネッド・プライスが、彼が中国の「強制」と呼んだものを非難し、すべての国が北京の干渉なしに台湾との関係をどのように扱うかを自由に決定すべきだと述べた。

「私たちはNATOの同盟国であるリトアニアと連帯しており、北京のビリニュス大使の呼び戻しやリトアニアへの北京大使の呼び戻しなど、中国の最近の報復措置を非難している」とプライス氏は記者団に語った。 「各国は、外部からの強制なしに、自国の一つの中国の政策の輪郭を決定することができるはずです。」

これとは別に、ヴェネツィア映画祭の主催者は、島の提出物を台湾からのものとして指定するように促された、と外務省のヨーロッパ問題局の副所長であるケンドラ・チェンは述べた。 フェスティバルのウェブサイトにチャイニーズタイペイとして掲載されています。

陳氏は記者会見で記者会見で、台湾の外交官は主催者との連絡を維持し、複数のチャネルを使用して、提出物が攻撃を受けないようにし、主権が侵害されないように戦い続けます。

外交圧力の​​高まりとともに、中国は、島の周りに戦闘機と軍艦を派遣することによって、台湾を支配下に置くという脅威を強めています。

2月、ガイアナは中国からの圧力を受けて、台湾が南米に貿易投資事務所を開設する許可を取り消した。

台湾がヨーロッパに駐在員事務所を最後に設立したのは、2003年にスロバキアのブラチスラバでした。 外務省によると、台湾は現在、72カ国に110の駐在員事務所を運営しています。

Back to top button