健康

中国の習近平国家主席は、より公平で公正なグローバルガバナンスを望んでいます。 世界のニュース

博鰲:中国の習近平国家主席は火曜日(4月20日)に、グローバルガバナンスシステムをより公平かつ公正にすべきであり、ある国または一部の国によって設定された規則を他の国に課すことはできないと述べた。

障壁を構築し、デカップリングを推進することは、他の人に害を及ぼし、誰にも利益をもたらさない、とXiは、ダボス会議に対する中国の回答であるアジアのボアオフォーラムでの基調講演で述べた。

中国は長い間、いくつかの主要国ではなく、自国を含む複数の国の視点と価値観が反映されるグローバルガバナンスの改革を求めてきました。

北京は、人権から他国に対する中国の経済的影響まで、さまざまな問題について、世界統治の最大の利害関係者、特に米国と繰り返し衝突してきました。

「世界は覇権ではなく正義を望んでいる」とXi氏は語った。

「大きな国は、より多くの責任を負っていることを示すことによって、大きな国のように見えるべきです」と彼は国を特定せずに言った。

金曜日(4月16日)、米国のジョー・バイデン大統領は、日本の菅義偉首相に就任して以来、初めての対面ホワイトハウスサミットを開催し、中国が議題を上回った。

両首脳は共同声明で、香港と中国の新疆ウイグル自治区の人権状況について「深刻な懸念を共有している」と述べた。ワシントンは、北京がイスラム教徒のウイグル人に対して大量虐殺を行っていると述べた。 中国は虐待を否定しました。

バイデン氏は、中国を除く日米の経済協力を明らかに示した中で、日米は5G技術、人工知能、量子コンピューティング、ゲノミクス、半導体サプライチェーンなどの分野に共同で投資すると述べた。

生放送

Back to top button