健康

中国の科学者は、パンデミックの5年前にコロナウイルスの兵器化について議論しました。 世界のニュース

ロンドン/メルボルン:COVID-19パンデミックの2回目の急増が続く中、米国務省は、コロナウイルスの5年前に兵器化コロナウイルスを調査したとされる中国軍の科学者に言及する文書を入手し、第三次世界大戦が生物兵器と戦うと予測したと報告されています。 。

英国の「TheSun」紙によると、「オーストラリアン」が最初に発表した報告書を引用すると、米国国務省が入手した「爆弾」文書は、中国人民解放軍(PLA)の司令官が不吉な予測をしていることを示していると伝えられています。

COVID-19の起源に関する独自の調査の一環として、2015年に軍事科学者と中国の上級公衆衛生当局によって書かれた論文は、中国の科学者が「COVIDがその一例である」SARSコロナウイルスを提示していると述べたとされています。 「遺伝子兵器の新時代」。

コロナウイルスはウイルスの大きなファミリーであり、そのいくつかは、一般的な風邪から重症急性呼吸器症候群(SARS)までの範囲の人間の呼吸器疾患を引き起こします。

伝えられるところによると、言及された人民解放軍の論文は、生物兵器攻撃が「敵の医療システムを崩壊させる」可能性があると想像しているようであり、第三次世界大戦が生物兵器と戦われるかもしれないと予測した米空軍大佐マイケルJ.エインズコーによる研究に言及している。

この論文には、「2003年に中国を襲ったSARS」が「テロリスト」によって故意に解き放たれた人工生物兵器であった可能性があるという考えも含まれています。 伝えられるところによると、中国の科学者たちは、ウイルスが「人為的に操作されて新たな人間の病気のウイルスになり、その後、これまでにない方法で兵器化され、解き放たれる」可能性があると自慢した。

報告書によると、この文書は著者の中で中国のトップの公衆衛生の数字のいくつかをリストしており、「武漢で実際に起こったこと」と題されたCOVIDの起源に関する次の本で明らかにされています。

中国は2019年後半に中国中部の武漢市で最初のCOVID-19症例を報告し、それ以来、致命的な病気はパンデミックになり、157,789,300人以上が罹患し、世界中で3,285,200人以上が死亡しています。

Tom TugendhatMPとオーストラリアの政治家JamesPatersonは、この文書はCOVID-19の起源に関する中国の透明性について大きな懸念を引き起こしていると述べた。 庶民院外務特別委員会のトゥゲンダート委員長は、「太陽」の中で、「中国の生物兵器への明らかな関心は非常に懸念されている。最も厳しい管理下でも、これらの兵器は危険である」と述べた。

彼はさらに、「この文書は、党首に助言する人々の野心について大きな懸念を提起している」と付け加えた。

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)の事務局長であるPeter Jenningsは、news.Com.Auに、この文書は私たちが持っているのと同じくらい「煙を吐く銃」に近いと語り、「これは明らかに重要であると思う。中国の科学者がコロナウイルスのさまざまな株への軍事的応用について考えており、それをどのように配備できるかについて考えていたことを示しています。」

伝えられるところによると、この文書の18人のリストされた著者の中には、人民解放軍の科学者と武器の専門家がいます。

漏洩した中国政府の文書を分析するサイバーセキュリティの専門家であるロバート・ポッターは、オーストラリア人から紙の検証を依頼されました。 彼は、この文書は間違いなく偽物ではなく、news.Com.Auが「本物であるという高い信頼性の結論に達した。偽物ではないが、それがどれほど深刻であるかを解釈するのは他の誰か次第だ」と述べていると述べた。

今年初めに世界保健機関(WHO)が調査を行った後、致命的なウイルスの起源について疑問が残り、組織はラボのリークの可能性を考慮したさらなる調査を命じました。

ほとんどの科学者は、COVID-19が人工であるという証拠はないと言っていますが、武漢の秘密のバイオラボから逃れたのではないかという疑問が残ります。 パンデミックが発生した場所から。

中国は、武漢ウイルス研究所(WIV)で、高リスクの「機能獲得」研究を実施していたことで知られています。武漢ウイルス研究所は、華南シーフードマーケットで発生のゼロに近づいています。 しかし、これまでのところ、中国によって意図的にリリースされたことを示唆する証拠はありません。

一方、国営の環球時報は、中国を汚すために記事を発表したことでオーストラリア人を非難した。 「バイオテロと戦争で使用されるウイルスの可能性を探る学術書は、オーストラリア人によって陰謀論として解釈されました。オーストラリア人は、中国を汚すための口実を故意にそして悪意を持って発明するつもりです」と、華東師範大学オーストラリア研究センターの教授兼所長華東師範大学は新聞に語ったと伝えられている。

(代理店の入力あり)

生放送

Back to top button