健康

中国の広州市での COVID-19 の突然の急増により、500 以上のフライトがキャンセルされました。 世界のニュース

上海:中国は月曜日(5月31日)、国の南部でCOVID-19感染が急増し、広州市で5月30日に18人の新しい地元の症例があり、フライトのキャンセルが殺到したと報告しました。

国家保健当局が毎日の更新で報告した27件の新しいコロナウイルス症例のうち、輸入されたのは7件のみで、残りは広東省で発生しました。

5月30日に現地で新たに確認された20人の患者のうち、18人が広州市で、2人が仏山市で発見された、と広東省の保健当局は月曜日に発表した。

航空データ プロバイダーの Variflight によると、午前 11 時 40 分現在、広州白雲国際空港での合計 519 便がキャンセルされ、月曜日の全便の 37% を占めています。

昨年、4,380 万人の乗客を運んだ広州白雲国際空港は、世界的なパンデミックの最中、世界で最も忙しい空港でした。

市は日曜日遅くの声明で、空港、鉄道駅、シャトルバスステーションから市を離れる人は、乗り継ぎの場合を除き、3日以内にCOVID-19検査が陰性であるという証拠を示す必要があると述べた

広州政府は土曜日(5月29日)、市のwan湾区の5つの通りの住民に自宅に留まるよう命じ、娯楽施設と市場は閉鎖されている間、不必要な活動を停止した.

市内の最近の感染は、ゲノム配列決定の結果によると、インドで検出された急速に広がるウイルス株に感染した、と市の市保健委員会の副局長であるChen Binは日曜日(5月30日)の記者会見で語った。

中国はまた、5月30日に確認された症例として分類されていない19件の新しい無症候性感染を報告しましたが、前日は22件でした。

5月30日の時点で、中国では合計91,099人のCOVID-19症例が確認されましたが、死亡者数は4,636人で変わりませんでした。

Back to top button