健康

中国の国営航空会社がCOVID-19医薬品をインドに急行する貨物便を一時停止| 世界のニュース

北京:中国の国営四川航空は、インドへのすべての貨物便を15日間停止しました。これにより、北京が支援の準備を繰り返しているにもかかわらず、インドからの待望の酸素濃縮器やその他の医薬品を調達する民間業者の取り組みに大きな混乱が生じています。 COVID-19症例の最新の急増に対処するためのインド。

外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン氏は月曜日にメディアブリーフィングで、「中国はインドの流行状況を綿密に追跡している。インドの状況悪化に心からの同情を示す」と述べ、四川航空。 「私たちは、利用可能な最初の機会にインドがウイルスと戦うのを助ける準備ができていると述べた。これに関して双方が連絡を取り合っている」と彼は言った。

しかし、彼はスリランカの中国大使館による、中国がインドに酸素濃縮器を供給し始めたと述べたツイートを確認しなかった。

コロンボの中国大使館がツイートしたところによると、「今日、800台の酸素濃縮器が#HongKongから#Delhiに空輸された。1週間でさらに10,000台。#Chinaは緊急のニーズのために#Indiaと連絡を取り合っている」と述べた。

王氏はツイートに対する反応を尋ねられ、「中国はウイルスとの戦いにおいてインドに必要な支援と支援を提供する用意がある。インドが特定の要求を提起した場合、私たちは可能な限り支援と支援を提供する」と述べた。

中国の製造業者がインドに医薬品の価格を引き上げていることについて、彼は「インドが中国から医薬品を購入する準備ができていることで、これは商業活動であると理解している。インドが特定の要求を提起した場合、中国は支援と支援を提供する準備ができている」と述べた。最高の能力。」

王氏は、米国、インド、オーストラリア、日本からなる四辺形または四辺形同盟のメンバーがインドへの支援を急いでいないという質問に対して、「この問題については、各国が協力すべきだ」と述べた。

「私たちは一緒にウイルスと戦わなければなりません。人類の共通の敵であるウイルスを打ち負かすために、すべての国が一つに団結することを望んでいます」と彼は言いました。

王は、中国の国営航空会社である四川航空が、インドへのいくつかの目的地への貨物便を一時停止する決定に反応することを拒否しました。これは、インドでひどく必要とされる酸素濃縮器を調達する民間業者の努力に深刻な混乱を引き起こすと予想されました。

四川航空の一部である四川チュアンハンロジスティクス株式会社は、月曜日の販売代理店への手紙の中で、民間業者による多忙な努力の中で、西安からデリーまでを含む6つのルートで貨物便を停止したと述べた。中国から酸素濃縮器を調達するために両側から。

PTIが見た手紙の中で、同社は「(インドでの)流行状況の突然の変化に直面して、輸入症例数を減らすために、今後15日間のフライトを停止することが決定された」と述べた。 。

同書簡は、「四川航空にとって、インドルートは常に中核的な戦略ルートであった。この停止は、当社にも大きな損失をもたらした。状況が変わらなかったことを非常に残念に思う」と述べ、「販売代理店の理解」を求めた。 また、同社は15日後に状況をレビューすると述べた。

貨物便の停止は、中国から酸素濃縮器を必死に調達しようとしているエージェントやフォワーダーにとって驚きでした。

中国の製造業者が価格を35から40パーセント引き上げるという不満もあります。 上海に本拠を置く貨物輸送会社であるSinoGlobalLogisticsのSiddharthSinha氏は、運賃は20%以上に引き上げられたと述べています。

彼はここでPTIに、四川航空がフライトをキャンセルするという決定は、悲惨な状況を考慮して、酸素濃縮器の迅速な供給を確保してインドに急行するという両国の民間貿易業者による試みに深刻な混乱を引き起こしたと語った。

シンガポールや他の国々を経由して別の航空会社を経由する必要があるため、物資を急ぐことは非常に困難になり、待望の物資が遅れる、と彼は語った。

インドでは乗組員の交代がなく、同じ乗組員が航空機を飛ばしているため、インドのコロナウイルスの状況によるフライトの中断は驚くべきことだと彼は語った。

また、中国は11月からインド人のビザを一時停止し、フライトは禁止されたままであるため、外交官以外にインドから中国に旅行するインド人は事実上いません。

インドはパンデミックの第2の波に苦しんでおり、過去数日間に毎日300,000を超える新しいコロナウイルスの症例が報告されており、いくつかの州の病院は医療用酸素とベッドの不足に悩まされています。

輸送サービス以外の中国の貨物便は、パンデミックの急増する収益性の高い携帯電話機器の供給だけでなく、他の多くの中国のインドへの輸出を通じて運用されています。

シンハ氏によると、中国のサプライヤーもまた、パンデミックの緊急事態に対応するために、価格を大幅に引き上げるという「非人道的な」慣行に訴えたという。
貨物便の停止は、インドへの支援と支援を提供する公式声明を背景にしたため、ここのインド当局者にとっても驚きでした。

別の外務省のスポークスマン、趙立堅は先週、中国は必要な支援と支援を提供するためにインドと連絡を取っていると述べた。

インドのCOVID-19症例の総数は、1,73,13,163に上昇しましたが、活動中の症例は28万ルピーを超えました。 公式データによると、死者数は1,95,123人に増加し、2,812人の新たな死者が出ました。

Back to top button