中国の出生率は低下し、年間1,000万人を下回る可能性があります| 世界のニュース

北京:中国は、政府が家族を2人の子供に制限するという政策を迅速に廃止しなければ、今後5年間で出生数が年間1,000万人を下回る可能性があると専門家は国内メディアで述べた。

広東省人口開発アカデミーのドン・ユチェン所長は、中国の金融報道機関であるイカイ氏に、中国の総人口も数年以内に減少する可能性があると語った。

国家統計局によると、中国で生まれた乳児の数は2019年に58万人減少して1465万人になり、現在のデータ照合方法が始まった1949年以来最低の出生率は10.48人でした。

昨年の数値はまだ公表されていないが、通常は2月末に発表される。 国の少子化と急速に高齢化する社会は、高齢者の支払いと世話をする能力をテストすることが期待されています。

中国は2016年に数十年にわたる一人っ子政策を廃止しましたが、医療、教育、住宅のコストが上昇しているため、カップルは大家族を持つことを思いとどまっています。

COVID-19のパンデミックによってもたらされた経済の不確実性は、子供を産むという決定にさらに重くのしかかっています。

公安省の別のデータによると、昨年の出生数は2019年の1,179万人から15%減少して1,035万人になりました。

深セン南部の都市の労働専門家である劉海明氏は、2020年の新生児数は1000万人から1400万人になると予想していると付け加えた。

「来年の出生数は1000万人を下回る可能性がある」と劉氏は語った。

中国はまた、10年に一度の国勢調査の結果をまだ発表していません。 以前、結果は4月上旬に発表されると述べていました。

生放送

Exit mobile version