健康

中国のロケットが地球の大気圏に再突入し、モルディブ近くのインド洋上で崩壊する| 世界のニュース

北京:中国の国家メディアによると、中国最大のロケットの残骸が日曜日(2021年5月9日)にインド洋に上陸し、地球の大気圏に再突入するとその構成要素の大部分が破壊された。破片がどこに当たるかについての憶測。

中国有人宇宙工学局を引用して国営メディアによって与えられた調整は、モルディブ群島の西の海に影響のポイントを置きました。

長征5号の残骸は、4月29日に中国の海南島から爆発した直後から、空を見上げている人もいますが、中国有人宇宙工学局は、残骸のほとんどが大気中で燃え尽きたと述べました。

国営メディアは、ロケットの一部が北京時間午前10時24分(グリニッジ標準時0224時)に大気圏に再突入し、東経72.47度、北緯2.65度の座標を持つ場所に着陸したと報じました。

米宇宙軍は、アラビア半島上空でのロケットの再突入を確認したが、残骸が土地または水に影響を与えたかどうかは不明であると述べた。

「衝突の正確な場所と破片のスパンは、どちらも現時点では不明であるが、米国宇宙軍によって発表されることはない」と同社のウェブサイトの声明で述べた。

長征は、2020年5月の初飛行以来、5Bバリアントの2番目の展開でした。昨年、最初の長征5Bの破片がコートジボワールに落下し、いくつかの建物に損害を与えました。 怪我は報告されていません。

専門家によると、地球の表面の大部分が水で覆われているため、土地の人口密集地域が襲われる可能性は低く、怪我の可能性はさらに低くなっています。

しかし、ロケットの軌道減衰に対する不確実性と、中国が再突入に向けてより強力な安心感を出せなかったことは、不安を煽った。

ロケットの飛行中、ハーバードを拠点とする天体物理学者のジョナサン・マクダウェル氏はロイター通信に対し、潜在的な破片地帯は北はニューヨーク、マドリッド、北京、南はチリ南部とニュージーランドのウェリントンであった可能性があると語った。

NASA宇宙ステーションスカイラブの大きな塊が1979年7月に軌道から落ちてオーストラリアに着陸して以来、ほとんどの国は宇宙船の設計を通じてそのような制御されていない再突入を避けようと努めてきたとマクダウェル氏は語った。

ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのメンバーであるマクダウェル氏は、「中国のロケット設計者は、これに対処しなかったので怠惰に見える」と述べた。

人民日報が発行した中国のタブロイド紙である環球時報は、ロケットが「制御不能」であり、損傷を引き起こす可能性があることを「西洋の誇大宣伝」として却下した。

中国外務省のスポークスマンであるワン・ウェンビン氏は、5月7日の定期的なメディアブリーフィングで、「ロケットの上段が大気圏に再突入する際に燃え尽きるのは、世界中で一般的に行われている」と述べた。

「私の知る限り、このロケットの上段は非アクティブ化されています。つまり、再突入時にほとんどの部品が燃え尽き、航空や地上の施設や活動に損傷を与える可能性は非常に低くなります」とWang氏は述べています。時間。

恒久的な中国の宇宙ステーションで3人の乗組員の居住区となるものを含む無人天和モジュールを軌道に乗せたロケットは、2022年までにステーションを完成させるためにさらに10回のミッションが続く予定です。

重量物の長征5号ロケットは、計画された宇宙ステーションのモジュールと乗組員の配達から、月や火星への探査探査機の打ち上げまで、中国の短期的な宇宙の野心の鍵となっています。

生放送

Back to top button