健康

中国のイメージは依然として非常に否定的であるが、米国は好意的な見方をしている。 世界のニュース

ニューデリー:いくつかの先進国の間で行われた新しいピュー研究所の調査によると、最近、米国が人気を博している一方で、中国のイメージは大きな打撃を受けています。

17の先進国の人々の見解が見直され、彼らのほとんどは中国を不利な見方で見続けていますが、米国はジョー・バイデン大統領が就任して以来、好意的に見ているようです。 対照的に、習近平大統領への信頼は変わらず、歴史的な最低水準に近い。

この調査結果は、2021年2月1日から5月26日までに17の先進国の18,850人を対象に実施された全国的な代表的な調査の一部です。

ニュージーランドを除く調査対象のすべての場所で、約半数以上が米国に対して好意的な意見を持っています。 これは韓国で最も高く、77%が米国に対して前向きな見方をしていますが、米国、イタリア、日本、フランス、英国では約3分の2以上が同じことを言っています。

調査対象の17か国のうち、調査対象の先進国のほとんどは、中国に対して広く否定的な見方をしています。これには、日本(88%)、スウェーデン(80%)、オーストラリア(78%)、韓国でこれを言う約4分の3以上が含まれます。 (77%)および米国(76%)。 ギリシャとシンガポールでのみ、約半分以上が中国を好意的に見ています。

一方、別の研究では、ワシントンDCを拠点とする無党派のシンクタンクは、インド人の大多数が宗教の自由を享受し、宗教的寛容を尊重し、すべての宗教の尊重がインドの考えの中心であると信じていることを発見しました。

ピューの研究は、COVID-19パンデミックが世界を襲う数週間前の2019年後半から2020年初頭にかけての29,999人のインド人成人の対面調査に基づいています。 ピューの調査によると、ヒンズー教徒、イスラム教徒、キリスト教徒、ジャイナ教徒、シーク教徒、仏教徒の6つの主要な宗教グループすべての人々は、自分たちの信仰を非常に自由に実践できると圧倒的に信じています。

生放送

Back to top button