健康

世界禁煙デー: 喫煙者は 50% 高い重症疾患、つまり COVID-19 による死亡のリスクに直面している、と WHO は述べています。 世界のニュース

ニューデリー: 世界禁煙デーは毎年 5 月 31 日に祝われ、世界保健機関 (WHO) がたばこの使用の危険性について一般市民に通知する毎年恒例の祭典です。

5月28日、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、現在のコロナウイルスの状況を考慮して、喫煙者はCOVID-19による重篤な病気や死亡のリスクが最大50%高いと述べました。

「したがって、禁煙することが、このコロナウイルスによるリスク、および癌、心臓病、呼吸器疾患を発症するリスクを下げるために喫煙者ができる最善のことです」とゲブレイェススは付け加えた.

WHOのチーフはまた、すべての国がWHOのキャンペーンに参加し、禁煙するために必要な情報、サポート、ツールを人々に提供し、完全に禁煙するためのタバコのない環境を作ることによって、それぞれの役割を果たすように促しました。

テドロス・アダノム・ゲブレイェスス博士はまた、インドの保健家族福祉大臣であるハーシュ・ヴァルダン博士と、英国バース大学のタバコ規制研究グループにタバコ規制の特別賞を授与しました。

「ハーシュ・ヴァルダン博士は、インドで電子タバコと加熱式タバコ製品 (HTP) を禁止する 2019 年の国内法に尽力しました」と、WHO は声明で述べています。

WHOによると、世界で男性の約39%と女性の9%がタバコを使用しており、現在、喫煙率が最も高いのはヨーロッパの26%であり、政府の緊急の措置が取られない場合、2025年までに2%の減少しか示さないという予測もある.

これは、世界保健機関の加盟国が 1987 年に世界禁煙デーを作成し、タバコの流行と、それによって引き起こされる予防可能な死亡と病気に世界的な注目を集めたことに注意してください。

Back to top button