健康

世界的な気候サミット:ジョー・バイデン大統領は、2030年までに排出量を半減させるという米国の新しい目標を設定します| 世界のニュース

ワシントン:木曜日のジョー・バイデン大統領は、米国が参加した国内初の気候サミットを開始した際に、2030年に経済全体の正味温室効果ガス汚染を2005年のレベルから50〜52パーセント削減するという野心的な新しい目標を発表しました。ナレンドラ・モディ首相を含む40人の世界的指導者。

バイデンは、バーチャルサミットでの開会の辞で、アースデイのサミットに集まった世界の指導者たちに、自国で排出量を抑えるための行動を取るよう呼びかけました。 気候変動に関するパリ協定への米国のコミットメントを回復したバイデン氏は、「どの国もこの危機を自分たちで解決することはできない」と述べた。

バラク・オバマ前大統領がパリ気候協定に署名した一方で、彼の後継者であるドナルド・トランプは米国を撤退させ、米国の炭鉱労働者とエネルギー産業にとって不公平だと述べた。 バイデンは1月に就任して間もなく画期的な合意に再び加わった。

パリ協定の下では、各国は国が決定した貢献として知られる独自の排出削減目標を設定する必要があり、協定の目標は地球温暖化を摂氏2度未満に制限することでした。

バイデンは、国連事務総長のアントニオ・グテーレス、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、英国のボリス・ジョンソン首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ首相が出席したサミットに語った。とりわけメルケル。

バイデン氏は、米国は2030年までに温室効果ガスの排出量を2005年の排出量レベルより50〜52パーセント削減することを約束していると述べた。

国連のグテーレス首相は演説の中で、世界の指導者たちに、炭素に価格を付け、化石燃料への補助金を廃止し、石炭の資金調達と新しい石炭火力発電所の建設をやめるよう求めた。警告。」 彼は「母なる自然は待っていないのか?」そして「私たちは緑の惑星が必要なのか?」という悲惨な警告を発した。 しかし、世界は警戒を怠っていません。」

「「主要な排出者から始めて」すべての国は、緩和、適応、財政のための新しくより野心的な全国的に決定された貢献を提出し、2050年のネットゼロ経路に沿った今後10年間の行動と政策を提示するべきである」と彼は付け加えた。これらのコミットメントは、具体的で即時の行動に変換する必要があります。

中国、インド、ロシア、日本、米国は世界最大の排出国の1つです。

モディ首相はビデオリンクを介して、開発の課題にもかかわらず、インドはクリーンエネルギー、エネルギー効率、生物多様性に関して「多くの大胆な措置」を講じており、国の1人当たりの二酸化炭素排出量は世界平均より60%少ないと主張しました。 。

「気候に責任のある開発途上国として、インドはパートナーがインドで持続可能な開発のテンプレートを作成することを歓迎します。これらはまた、グリーンファイナンスとクリーンテクノロジーへの手頃なアクセスを必要とする他の開発途上国を助けることができます」と彼は言いました。

モディはまた、現在の10年を気候変動に対する「行動の10年」にすることを提案しました。 「私たちはインドで自分たちの役割を果たしています。2030年までに450ギガワットという野心的な再生可能エネルギー目標は私たちのコミットメントを示しています」と彼は言いました。

西大統領は演説の中で、気候変動に関する多国間ガバナンスへのアメリカの復帰を歓迎し、2030年までに炭素排出量をピークにし、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという中国の公約を繰り返し、炭素排出量を削減するという公約を尊重すべきだと述べた。

「私たちは国際法に基づいて働き、公平と正義の原則に従い、効果的な行動に焦点を合わせる必要がある」とXiは述べ、国連中心の国際システムを支持するよう各国に呼びかけた。 「このプロセスでは、お互いに指を向けるのではなく、手をつなぐ必要があります。継続性を維持し、コースを簡単に逆転させないでください。約束を尊重し、約束に戻らないようにする必要があります」とXi氏は述べています。

バングラデシュのシェイク・ハシナ首相は、強力な集団的対応をもって気候変動の課題と戦うための4つの提案を提出しました。 彼女は、バングラデシュを「気候に脆弱な国」と表現し、彼女の国は同様の脆弱性を持つ他の小さな発展途上国の利益を代表していると述べた。 「資源に制約のある気候変動に弱い国であるにもかかわらず、バングラデシュは適応と緩和の世界的リーダーとして浮上している」と彼女は述べた。

ブータンはカーボンニュートラルであるだけでなく、カーボンネガティブであると、ヒマラヤの小さな国のロテ・ツェリン首相は語った。 これは、その重要な水力発電事業によるものだと彼は述べた。 しかし、彼は「私たちは気候変動の影響に対して非常に脆弱なままです」と述べました。

英国のジョンソン首相は、COVID-19のパンデミックが「より環境にやさしい」ものであれば、世界はより良く回復できると確信しており、世界のより豊かな国々が投資を主導する必要があると述べた。

彼は、ネットゼロに関する法案を可決した最初の国としての英国の信任状を指摘し、ネットゼロ炭素排出量を達成するという目標の半分に達していることを指摘しました。 彼は、2035年までにその目標を達成するために必要な削減の78%を提供することを法制化することにより、11月にグラスゴーで開催される英国のCOP26気候サミットに先立ってこれらの目標のスピードアップにフラグを立てました。

「私たちは世界中でこれを一緒に行うことができます。それは、最も裕福な国々が集まり、2009年にすでに行った1,000億米ドルの約束を超えることを意味します。それがいかに重要かを強調します」と彼は言いました。

米国が主催する2日間の気候変動リーダーサミットは、10月に中国の昆明で開催されるCOP生物多様性サミット、11月にスコットランドのグラスゴーで開催されるCOP26サミットへの道のりで勢いを増していると見られています。

生放送

Back to top button