健康

世界中で COVID-19 ワクチンの生産能力を増強する必要があると、米国の Secy Antony Blinken 氏は述べています。 世界のニュース

ワシントン: 米国が数百万の COVID-19 ワクチンをインドを含む数か国に送っているため、アントニー・ブリンケン国務長官は、世界中の地域ベースで生産能力を増強する必要があると述べました。

米国のジョー・バイデン大統領は、米国が、国連が支援するCOVAXグローバルワクチン共有プログラムを通じて、備蓄から未使用のCOVID-19ワクチンの75パーセント、つまり2.5億回の投与量の最初のトランシェの約19億を割り当てると発表した。東南アジアもアフリカ。

国務省の 2022 年予算案について下院外交委員会で証言したブリンケンは、世界の 4 分の 3 の人々がすぐに予防接種を受けることが重要であると主張しました。

「8000万個のワクチンを配布する前に現在の方針を維持した場合、米国だけでなく世界中で生産を増やすことを検討しています. 2024年までには、世界の75パーセントほどがワクチンを接種していません」と彼は質問に答えて言った.

彼によると、米国には 8,000 万のワクチンがあり、現在から 7 月初旬にかけて、COVAX を介して COVAX を使用するか、または米国から直接配布される予定です。

「発送するものはすべて安全で効果的であることを確認したいと考えています。しかし、それは今から始まっており、今から7月末までの数日から数週間にわたって展開される予定です」とブリンケンは述べ、米国はは、2500 万の配布から始まり、地域ごと、および国ごとに地域内に割り当てられています。

彼は、最初の 2,500 万件の約 75% が COVAX と連携して行われると述べました。

「残りの 25% は直接行うことができ、科学とニーズ、急増が見られる場所、バリアントが存在する場所、2 番目のショットが必要で赤字になっている国があるかどうかを確認します。これらはすべて、科学に基づいており、公平に基づいており、他の一部の国とは異なり、見返りに政治的好意を要求されることはありません」とブリンケン氏は述べた.

この 8000 万人の配布が完了するまでには、さらに多くのワクチンが続くでしょう。7 月以降の数か月間でワクチンが余っているからです。

それを超えて、ワクチンの全体的な供給が大幅に増加するように、ワクチンの国際的な生産を大幅に増やす作業が行われている、とブリンケンは述べた.

「私たちの隣人であり、この地域のパートナーであるラテンアメリカ、カリブ海諸国は、今後発売されるワクチンの最初の受益者になるでしょう」と彼は語った。

バイデン政権は、ワクチンがそこに行き、配布され、効果的に使用できるように、必要な支援システムを確実に整えるために緊密に協力していると彼は述べた。

下院外交委員会の議長であるグレゴリー・ミークス下院議員は、ラテンアメリカとカリブ海の近隣諸国を含む、COVAXを通じて二国間で最初にワクチンを配布するという政権の計画を見て喜んでいると述べた.

「私にとって、これはこのパンデミックからの回復において地域を支援するための重要な最初のステップであり、政権にそれを実行するように勧めた後」と彼は語った。

ブリンケン氏は、政権はワクチンの製造とワクチンへのアクセスを加速するために、自由に使えるあらゆるツールを確実に揃えたいと考えていると述べた。

「だから、私たちはすべてがテーブル上にあることを確認したいのです。何が最も効果的で、何が最も効率的で、意図しない結果や二次または三次の影響をもたらさないかを決定する必要があります。問題がある、と彼は言った。

「私たちがアクセスできるワクチンの流通を超えて、私たちは生産を増やす必要があります。それは、米国だけでなく、世界中でということです。私は、世界のさまざまな地域で生産能力を増やす必要があると思います。このパンデミック、または将来のことについて」と、米国のトップ外交官は語った。

将来的にはワクチンやその他の健康製品を効果的かつ効率的に流通させることを容易にする生産拠点となる国を持つことは、確かに地域ベースで理にかなっている、と彼は言った.

ブリンケン氏は、「つまり、私たちはそれを見て、必要に応じてアフリカを含む世界のさまざまな地域で生産能力を増加または開発するために何ができるかを見ている」と語った.

Back to top button